スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXT結果 8/17/10

◆ストライカーが今夜は2人が脱落する、と説明。今から各ルーキーにはトーク・タイムを与えるという。なぜ脱落すべきでないか、以外なら内容は何でも許される。
 パーシー・ワトソンは3Dについて話す。彼は決意(determination)、献身(dedication)、望み(desire)を持って生きている、とアピール。
 アレックス・ライリーは自分自身について語る。俺は間違った行動を取ってしまう事があるという体裁を取ってカヴァル、ラッキー、ストライカーを馬鹿にする。
 マイケル・マクギリキュティーは他のルーキーとの戦いについて語る。ライリーをシーズン2のデイビッド・オタンガ呼ばわりする。
 カヴァルは他の奴らは良い女がいるが、俺は2人もいるぜ、と始めると最後は俺こそTotal Nonstop Actionの体現者だという。
 ハスキー・ハリスはカウボーイ・ブーツについて話す。バリー・ウィンダムのようにブーツをはいた俺は悪魔のようにさえなれる、とアピール。

◆ストライカーが今から最初の脱落者を決める、と言う。投票の結果内容はまだ明らかにされないもののパーシー・ワトソンが脱落。ワトソンはファンとMVPに感謝。カヴァルを鼓舞、他を無視して去って行く。

①マイケル・マクギリュティーvs.ザック・ライダー
 マクギリキュティーがバック・ドロップ。ライダーが場外に転がり出る。エプロンに上がると近づいてきたマクギリキュティーを捕まえロープへのジョー・ブリーカー。リングに入るとラフ・ライダー・レッグ・ドロップでカウント3。
[Winner: ザック・ライダー]

・バック・ステージ。カヴァルとレイクールのスキット。

②ハスキー・ハリスvs.カヴァル
 ハリスが片手でスパイン・バスター。カウント2。もう1発狙う。カヴァルがDDTに切り返す。コーナーに上りウォーリアーズ・ウェイ。カウント3。
[Winner: カヴァル]

③アレックス・ライリーvs.コフィ・キングストン
 コフィがBoom-Boomドロップ。トラブル・イン・パラダイスにつなげ勝利。
[Winner: コフィ・キングストン]

◆ストライカー、マシューズ、コールがリングに登場。コールはライリーが一番インパクトを与えており優勝すべきだという。また家に帰るべきはカリスマ性のないカヴァルだという。意外なことにマシューズが完全に同意する。
 投票内容は発表されなかったが、ハスキー・ハリスが脱落となる。コーディはおかしな結果だと異議を唱える。ライリーは既にインパクトを与えているが、マクギリキュティーはミスター・パーフェクトJrと呼ぶには値しないという。そしてカヴァルの方に歩み寄ると突然ハリスと共に攻撃。止めさせようとMVP、コフィがハリス、コーディに襲いかかる。コフィが場外のハリスに変形ウォーリアーズ・ウェイ。リングは混沌としていて叫びあっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

元センシ、WWEなのに凄いこと言いましたねw

No title

よく上層部がGOを出したな、と思いますよね。そういう過激なアングルにつながっていくのか注目ですね。
プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。