スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raw結果 9/6/10

(お待たせしました)
◆Nexusが登場。バレットは、Nexusはテイカーさえも叩きのめしたとアピール。他のメンバーもそれぞれアピール。再びバレットがマイクを持ち俺はオートンもぶちのめした、Night of the Championsで俺はWWE王者になる、と言う。
 聞き捨てならないとオートンが登場。不覚を取ったが俺はその30秒の間にお前らNexus2人を倒したのだ、もうあんな奇跡は起こらない、俺の方はもう1回やって見せる事が出来るけどな、と言う。バレットはならやってみろよ、とオートンに挑発。
 GMからメールが届く。先週はNexusにとって歴史的な夜だった。しかしそれはグループとしてのものだ、今夜は個々の力を見せてもらおう、そういってシナ対ガブリエル、オートン対バレットを発表。他のNexusがセコンドにつく事は禁止すると付け加える。

◆ジェリコが登場。メールが届く。ジェリコとエッジは試合を放棄しファンと私の顔に泥を塗った。罰としてPPVへの出場権をかけて今夜試合を行ってもらう、と言う。

①クリス・ジェリコvs.ジョン・モリソン
 ジェリコが気合いを入れて攻めかかる。モリソンが押されながらも反撃。
ジェリコがコード・ブレイカーへ。モリソンがロープを掴んで阻止。スターシップ・ペインへ。ジェリコはかわすとウォールズ・オブ・ジェリコ。モリソンがロープをつかむ。ジェリコがスーパープレックスを狙う。モリソンがジェリコを突き落としスターシップ・ペイン。カウント3。ジェリコはまさかの敗北に動揺を隠せない。
[Winner:ジョン・モリソン]

②ディーバズ王座戦:メリーナ(ch)vs.アリシア・フォックス
 サンセット・フリップでカウント3。
[Winner: メリーナ]

・ミズが何かを隠している。マシューズが何ですかと尋ねても見せようとしない。

・ライダーがエッジに相手を務めますと名乗り出る。エッジはそれなら楽勝だな、と提案を受ける。GMに聞いているか、と尋ねてライダーとの試合を組まなかったらPCを壊すと言う。

・テッド・デビアスとマリースが、誰がラブ・レターを書いたのか、でひと悶着。

・次週Rawルーレットを行う事が発表される。

③ジョン・シナvs.ジャスティン・ガブリエル
 ガブリエルがセカンド・ロープからムーンサルトを狙うもかわされる。シナがフライング・ショルダー・タックルからフルコースでAAへ。ガブリエルがSTOに切り返しランニング・キック。450°スプラッシュを狙う。シナが起き上ってガブリエルをとらえ雪崩式AA。
[Winner: ジョン・シナ]


ミズが登場。周りの予想を裏切り俺はのし上がってきた。タッグ王座、US王座を取り、ついにはマネー・イン・ザ・バンクまで手に入れたとアピール。先ほど隠していた物から幕を取るとそこにはミズが表紙にのったWWEマガジンが現れる。ミズが自慢する。
 ダニエル・ブライアンが登場。俺はお前を倒してUSチャンピオンになる事が出来ると挑発。ミズがこれにのりPPVでUS王座戦を行う事を承諾。奇襲をしかけブライアンがクロス・フェイスを狙う。ライリーが現れブライアンに襲いかかる。ブライアンはミズを場外に放り出すとライリーにクロス・フェイス。ミズはライリーを助けずに逃げていく。

メールが届きエッジの相手はカリだと発表。エッジがPCを壊そうとするも止められる。

④エッジvs.グレート・カリ
 エッジは場外に出る。追っかけてきたカリをころ合いを見て攻撃。リングに戻ると10カウント。GMからメールが届きそんな卑怯な真似は許さない、ノーDQ、オーバー・ザ・トップ・ロープに変更して再開だと告げる。
 エッジが場外に落ちるもトップ・ロープ下なので無効。中々リングに戻らずカリを焦らしてロープ際に近づけさせ、そこを落とす。
[Winner: エッジ]

・マシューズがジェリコにインタビュー。PPVで王座戦を挑む事が出来なくなった訳ですが今後どうしますかと尋ねる。ジェリコは茫然としていて答える事が出来ない。モリソンが現れジェリコを慰める。

⑤ウェイド・バレットvs.ランディ・オートン
 シェーマス、エッジ、シナが実況に加わる。終盤オートンがロープを使ったDDTを狙う。バレットがのがれてオートンを場外に投げ捨てる。
 ダレン・ヤングが登場しお前は俺をWeakest Linkと呼んだが俺はMissing Linkだ、俺を戻せと詰め寄る。その隙をついてオートンがバレットにRKOを決め勝利。
[Winner: ランディ・オートン]
 オートンはリングに入ってきたヤングにもRKO。同じくリングに入ってきたシェーマス、エッジにもRKO。オートンとシナが視線を交わし火花を散らす。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジュリコの扱いのひどさがボロ雑巾なみですね。哀愁を誘うストーリーならほぼ完璧です。なにしろストーリー上の事とは分かってても、上層部に殺意を覚えてしまいましたから。

二期NXTはヒールの7人タッグになるでもなし、もしかしたら取り合えずカヴァルを襲っておいたぐらいの感覚なのかも…。下手なフリをしていたルーキーたちの自力が割れた現在から見ても、一期NXTより二期の方が優秀だった気がするので、なんだか時の運という言葉を連想してしまいます。
それにしても、時の運といえばエヴァ・ボーンのプッシュはどこに行ってしまったのだろう。あのプッシュはかなり成功していたようにも見えるんですけど…。NXT関連で枠がなくなったから、プッシュは成功したけどなかった事になりました、みたいなオチだったら拙なすぎる。

No title

 モリソンに慰められるなんて・・・。ジェリコは完全にファンの心を掴んでますね。それが良い事かはさておき。
 二期NXTがまるで出てこないのは意外でしたね。ライリー、カヴァルだけとなるのでしょうか。ボーンは人気を背に立ち向かえるタイプのレスラーがトップにいない上にUS王座も埋まってしまいましたからね。今度のドラフトでSDへ、というのが唯一の打開策のような気がしてなりません。

No title

まさかこのタイミングでジェリコが負けるのは予想外で驚きました
もしかしてジェリコ契約更新か?とちょっと期待してしまいました
ストーリー的にもジェリコの今後的にも王座戦出場が必須だと思うので
ここからどうやって巻き返していくのか楽しみですね

二期NXTは優勝のカヴァル現在ミズの家来的立場のライリーは当確だと思います
一番最初に半分はWWE所属になると言う話だったはずなので
後はマギリカッティとパーシー辺りが折を見て出て来るんじゃないかと予想してます

ボーンはミステリオの様な立場まで引き上げたいと言うプッシュだったはずなのに
確かに気が付いたら無かった事にされてましたね
ファンの人気も上がって来ていたしオートンなんかとも絡んだりしてたのに
一期NXTがぶち壊した感がしますね
SDからマットが抜ける可能性もあるのでSD移って中堅所を支える役目も良いかも知れませんね

No title

タイミングでジェリコが負けるのは予想外で驚きました
もしかしてジェリコ契約更新か?とちょっと期待してしまいました
ストーリー的にもジェリコの今後的にも王座戦出場が必須だと思うので
ここからどうやって巻き返していくのか楽しみですね

二期NXTは優勝のカヴァル現在ミズの家来的立場のライリーは当確だひとまずは2人だけで後は様子見でしょうね。
Genesisの一件は無かった事になるのでしょう(苦笑)

地元ハウス・ショーの話なんですがボーンがアメドラの代役でNexusとのトリオ・マッチに挑む事に変更になったそうです。
アメドラの矛先がミズに向いている内が1つのチャンスかもしれませんね。
プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。