スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raw結果 10/4/10

◆Nexusが登場。バレットがマイクを取る。こうして俺達がここに立っているようにHIACでは俺がシナを倒し勝利を収めた。シナを呼ぶ前に勝利に貢献してくれた2人を紹介しよう。ハスキー・ハリスとマイケル・マクギリキュティーだ。公式には彼らに助けを求めていないし、2人はあの時Nexusのメンバーではなかったからルールには抵触しないのさ。まあ助けがなくとも結果は同じだったろうが。さて次の問題に移ろう。俺は出てくるな、と言ったのに何故他の4人は出てきたのか、オタンガ、何故だ。いや待て、今は聞きたくない。今夜は新しいメンバーを盛大に迎えるべき時だ。みなさん、紹介しよう、ジョン・シナだ。
 シナが登場。バレットが昨夜は家に帰って泣き崩れていたのだろうがこれで良かったんだよ、と慰める。ターバーがお前も落ちたものだな、と言ってからNexusのアーム・バンドをプレゼントする。シナはためらいながらもシナのアーム・バンドを外すとNexusのアーム・バンドをつける。スレイターはシナに代表してNexusの誓いを読み上げるよう言う。
 わたくし、シナはNexusの一員である事を認めます。Nexusの敵は私の敵です。そう言った後、you're either NEXUS or against usの決め台詞で締める。
 バレットは悪くないな、と言うと最初の命令だ、Nexusのメンバーとして試合をやってもらおう、と言う。

①ジョン・シナ、マイケル・ターバーvs.エヴァン・ボーン、マーク・ヘンリー
 試合前シナはボーンと握手する。試合はシナがサインを書いている隙にヘンリーがワールズ・ストロンゲスト・スラムでターバーからカウント3を奪う。
[Winners:エヴァン・ボーン、マーク・ヘンリー]
 シナは俺はNexusの一員になったがやるべき事は変わっていない。Nexusの内部からNexusを崩壊させてやる。そう言うとターバーに鉄階段をぶつけSTF。メールが届く。負ければNexusに加わる条件だったはずだ、それはNexusの一員になるという事はバレットの指示に従うという事であり、こんな事は認められない。今後も続けるようならWWEはシナとの契約を打ち切る、お前を首にするぞ、と警告する。シナは打ちのめされた表情で退場。

②アリシア・フォックスvs.ナタリア
 ナタリアがシャープ・シューターでフォックスをタップさせる。
[Winner:ナタリア(1:00)]

・ジョニー・ノックスヴィルとザック・ライダーのスキット。

・ジョシュがシナにインタビューするもシナはどうしたらいいかわからないよ、と元気がなく、Nexusのロッカー・ルームに入っていく。

③ダニエル・ブライアンvs.シェーマス
 シェーマスが不意打ちから攻め立てていく。レフェリーの制止を聞かず反則を取られる。
[Winner:ダニエル・ブライアン(0:30)(DQ)]
 試合後シェーマスがハイ・クロス。

◆コールがエッジにPCを破壊した暴挙に対し謝罪を行うよう言う。エッジが登場。エッジはこんな馬鹿げたことに謝罪なんてするか、と要求を突っぱねる。コールは今夜#1コンテンダーを決める20マン・バトルロイヤルを行うが、エッジはたびたび無礼な行為を働いたので参加させない、なぜかって、それはエッジをSDにトレードに出したからだと発表する。エッジはもうこんな馬鹿げた事に関わらずにすんでせいせいするぜ、と返す。コールが私はWWEの声を代弁しているのだから私を尊敬すべきだと言いエッジはSDにいく前にお前を叩きのめしてスピアーを決めてやるぜ、と威嚇する。
 ミズがライリーを連れ登場。ミズとエッジがお互い口撃しあう。ミズはWWE王座に挑戦してもいいが、別の案があるな、Rawチームをひきつれてお前が行くSDチームを叩きのめしてやろうか、と言う。エッジがミズ、ライリーを攻撃。トロンが巻き込まれ地面に転がり落ちる。エッジがトロンを蹴り飛ばしライリーにスピアー。ミズがエッジにスカル・クラッシング・フィナーレ。

・バレットがシナに説教している。バトル・ロイヤルでは俺が勝利するよう手伝うんだぞ、とくぎを刺す。シナはもし俺が勝利したらどうなるんだと尋ねる。バレットはそんな事は起こり得ない、と一蹴。オタンガがもしバレットが脱落したなら他のメンバーを助けるんだぞ、と余計な事を言う。バレットは顔をしかめるが無視してシナに、従わないなら首になるんだぞ、と念を押す。

④ベラ・ツインズvs.レイクール
 カウンターでベラ・ツインズが逆転勝利。
[Winners:ベラ・ツインズ(1:00)]

・ノックスヴィルとマリース、デビアスのスキット。

◆ノックスヴィルがリングに登場。ノックスヴィルがマリースの気を引こうとデビアスに失礼な事をする。デビアスが怒ってノックスヴィルにミリオン・ダラー・ドリームを決める。マリースとハグ。スクリーンに"YOU…ARE…MINE."と映し出される。ゴールダストが現れデビアスに襲いかかる。カーテン・コールを決める。ゴールダストは俺はデビアスにも、マリースにも用はない、俺が欲しいのはミリオン・ダラー・ベルトだと言う。

・オタンガがシナを慰め、いつでも相談にのるよ、と優しい言葉をかける。

⑤#1コンテンダーズ・20マン・バトル・ロイヤル
 シナは指示通りバレットを守っていく。Nexusがヘンリーを落とす。しかしその時シナが加わらなかったとスレイターが指摘。シナはオタンガを落とす。シナはバレットを守るが、積極的には攻めないスタイル。モリソン、バレット、シナ、シェーマスが残る。バレットがモリソンを落とす。得意技の攻防の後シナがシェーマスを落とす。バレットがシナに自らリングを下りるよう命令。シナは悩みながらもそれに従う。バレットの優勝。
[Winner:ウェイド・バレット(20:00)]
 試合後オートンが出てきてバレットに見せつけるように王座を掲げる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シナがNEXUS入りとか、べアラーの寝返りとか、最近のWWEのストーリーは本当にいい仕事しますね。
いったいどれほどの人が、この結末を予測できただろう…。

エッジとトレードした相手わかりますか?多分ハスキーハリスとかがと思うんですが…

 

どんどんNexusが活動を広げていきますねww

オタンガが優しい言葉をかけるが気になりますww
ちなみにハスキーとマイケルはNexus入りでいいんですよね?

となると、バレット・シナ・オタンガ・ヒース・ジャスティン・ターヴァー・ハスキー・マイケルの8名ってことでいいですよね?

No title

エッジ率いるSDチームとミズ率いるRAWチームがブラギングライツのメイン戦ですかね。
まずエッジはスワガーやリオと抗争しながら、エッジ&クリスチャンorエッジ&ミステリオの復帰ですかね?

No title

オタンガのシナへの態度が気になりますねぇ、嫌味なのか新しい仲間への気遣いなのか。
謎のメッセージの差出人はまさかのゴールディですかw
しかもマリースでもデビアスでも無くミリオンダラーベルトへのメッセージだったとはw

No title

>>U_SAGIさん
 長期抗争と大きなストーリー変化のバランスが良いですね。シナのNexus入りは驚きました。

 ストーリー的にはエッジを追放したい、という意図があるので、相手は誰でもいいよ、というのが現状だと思います。

>>HIROJINさん
 オタンガに造反の気配ありですね。
 ええ。これで8人と再び人数が増えました。

>>This is WWEさん
 エッジはSDで歓迎されるのか、はたまた反発されるのか。ひと悶着起こしてくれそうです。クリスチャンは怪我の治療中なので間に合わないと思います。

 シナを抱え込んでNexusを自分の手中に収めようとする計画に見えますね。しかしバトル・ロイヤルで他ならぬシナに落とされているように悪い事たくらんでも全て裏目に出て自分に跳ね返ってくるキャラになるんじゃないでしょうか。
 ゴールディの抜擢には驚きましたね。デビアスの現状を考えると抜擢という言葉は適切でない気もしますけど(苦笑)

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。