スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raw結果 10/25/10

◆Nexusが登場。バレットがNexusはWWE史上最も支配的なグループだと紹介。テイカーを生き埋めにする事に成功したと言う。そしてシナに何故昨夜あんな事をしたか説明してもらおう、と続ける。シナは、オートンが今にもあんたと叩きのめそうとしていた、あの時あんたを勝たせる唯一の方法はDQしかなかったんだ、と釈明。バレットは俺が勝って、王座を手にしお前が俺の腕を上げる、そうあるべきだったんだ、と言う。シナはあんたが勝てなかったら俺は首になる、と言ったよな、あんたは勝ったじゃないか、と反論。
 メールが届く。バレットは勝利したので、タイトル戦を再びくむつもりだと言う。しかし今回のような事が起きないようにスペシャル・レフェリーを決める必要がある。今夜のオートンvs.Nexusの誰かによる試合で決めよう、と言う。バレットがならシナにやってもらおう、と言う。オタンガがマイクを持つ。待てよ、忘れてないか、俺はタッグ王座を取ったが、シナが俺を無視してAAを決めやがった。こんな奴は首にすべきだ、と言う。バレットはチームとして機能できないというのなら早速タッグ王座戦を組もうと言いだす。

①タッグ王座戦:デイビッド・オタンガ、ジョン・シナ(ch)vs.ヒース・スレイター、ジャスティン・ガブリエル
 バレットがオタンガに寝てフォールを取られるよう命令。オタンガは嫌々従う。スレイターがフォールを奪う。
[Winners:ヒース・スレイター、ジャスティン・ガブリエル(新チャンピオン!)(2:00)]

◆ヴィッキーとケイトリンが登場しジグラーを紹介。昨夜間違いがあったとして今夜はジグラーがブライアンより上である事を証明する、と言う。CMパンクが見物に現れる。

②ダニエル・ブライアンvs.ドルフ・ジグラー
 ジグラーがスリーパーを決める。ブライアンがコーナーに叩きつけて逃れレベル・ロックを決める。ジグラーがタップする前にヴィッキーがジグラーの足を引っ張りロープの外に出す。しかしレフェリーが見ておらずゴングが鳴らされる。
[Winner:ダニエル・ブライアン(12:00)]
 試合後パンクがブライアンをほめたたえる。

・ゲスト・スターのトビー・キースがベラ・ツインズと話している。マレラも加わりスキット。

・シナがバレットに、俺はタッグ王座を防衛していくつもりだった、と文句を言う。バレットはお前は俺の命令に従ってればいいんだ、とにべもない。しかし、もし今夜オートンに勝利したなら悪いようにはしないさ、と付け加える。そして俺がお前のセコンドにつくよ、と言う。

③レイクールvs.ゲイル・キム、メリーナ
 マクールがメリーナに蹴りを叩きこむと丸めこんで勝利。
[Winner:レイクール(1:00)]

◆ミズとライリーが登場。昨夜残念ながらチームRawは負けてしまった。ミズが7人いれば勝利間違いなしだったのにな、と言う。俺の力を改めて証明しよう、ミステリオに翌週チャレンジすると言う。
 イブが登場。ミズの事をカエルのような顔をした勘違い野郎だと言う。ライリーが黙れ、と言う。ミズは一人で他のあらゆるメンバーに勝つ事の出来るレスラーだと言う。Rトゥルースが現れる。イブの言ったことは正しい。俺と戦ってみろよ、と言う。メールが届き試合が決定。

④ザ・ミズvs.Rトゥルース
 ミズが投げようとする。トゥルースがカウンターを決めライリーにベースボール・スライド。ミズを丸めこむ。カウント2。アックス・キックへ。ミズはかわすとスカル・クラッシング・フィナーレでカウント3。
[Winner:ザ・ミズ(11:00)]

◆トビー・キースが登場。自己紹介した後次の試合を紹介する。

⑤サンティノ・マレラvs.シェーマス
 モリソンが現れ試合を止めるよう言う。シェーマスはモリソンにひっこんでろ、と言うとブローグ・キックへ。サンティノは避けると丸めこみでカウント3。
[Winner:サンティノ・マレラ(1:00)]
 
・スレイターとガブリエルはタッグ王座奪取を喜んでいる。オタンガはバレットと2人だけで話したいと言って不満を漏らす。バレットはNexusとして言うのだが、と前置きすると俺は誰のキャリアだろうと終わらせる事が出来るんだ、You're either NEXUS or against us、今すぐ立場を決めろ、と迫る。オタンガは、俺はもちろんNexusだよ、と答える。バレットはなら黙って働け、と言う。

⑥ジョン・シナvs.ランディ・オートン
 勝者はSurvivor Seriesで行われるバレットvs.オートンのレフェリーを選ぶ事が出来る。終盤シナがSTFを決める。バレットがロープを引っ張りオートンがつかめないようにする。シナはSTFを解くとバレットに余計な事をするな、と言う。リングに戻ってきたシナにオートンがドロップ・キック。ハングマンズDDT。RKOを構える。シナがカウンターでAAを決める。カウントは2。バレットはショックを受けている。シナも信じられない様子。シナがオートンを起こそうとする。オートンが電光石火のRKO。シナが場外に転がり出る。オートンは場外に出てシナをリングに戻す。パントを狙う。バレットがシナを場外に引きずり出しシナにクローズラインを決めDQにする。
[Winner:ジョン・シナ(15:00)]
 試合後オートンがバレットを攻撃。Nexusが乱入しオートンをリンチする。シナが助けようとするもバレットが止め、Nexusにリングから離れさせる。バレットはよくやった、これでレフェリーを選ぶ事が出来ると言う。そしてレフェリーにシナを選ぶと言う。シナなら公正なレフェリーをやってくれるだろう。そして今回は俺が王座を勝ち取る事が出来なかったら、シナを解雇すると言う。俺が王者になったらNexusに従わなければならないという契約から解放してやろう、と言う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 

これはオタンガ不満爆発フラグですねwww

No title

>>HIROJINさん
 そうですね。このままオタンガ1人離脱の流れか、それとも他を巻き込んでいくのか気になりますね。
プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。