スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TNA Turning Point結果 11/7/10

(詳細版にアップデートしました)
①Xディビジョン王座戦:ジェイ・リーサル(ch)vs.ロビーE
 リーサルが軽快な動きからアーム・ドラッグを決めていく。
余裕を持って試合を運ぶ。ロビーがロープへのスタンガンから主導権を奪う。リーサルが打撃で徐々に流れを引き寄せていく。ダイブを決める。コーナーへ。クッキーが足を掴んで邪魔をする。リーサルは蹴り飛ばすもロビーにロープを揺らされ体勢を崩す。ロビーはリーサルを引きずり下ろすとネック・ブリーカー。カウント3。
[Winner:ロビーE(新チャンピオン!)(11:00)]

②タラvs.ミッキー・ジェームス
 お互い相手を挑発しながら痛めつけ合う。髪をつかみあい離れない。コーナー上の攻防から両者転落。場外乱闘。フェンスを越えると観客席の中へ。レフェリーが戻るよう言っても聞かないのでゴングを鳴らす。それでも②人は戦いをやめない。壁にぶつけモップでしばきごみ箱を叩きつける。ようやくセキュリティーが入ってきて2人を引き離す。ミッキーがリングに陣取り戻ってこい、と叫ぶ。タラがリングに入り再び激突。それぞれ掴みかかる。セキュリティーが入ってきて引き離す。
[Winner:ノー・コンテスト(8:00)]

③タッグ王座戦:モーター・シティ・マシンガンズ(ch)vs.チーム3D
 握手して試合開始。シェリー、ディーボンによる基本的なレスリング。避け合い仕切り直し。シェリーが不意打ちして蹴り。ネック・ブリーカー+フロッグ・スプラッシュを狙う。ディーボンが逃れダブル・クローズライン。タッチすると3Dを狙うも逃げられる。仕切り直し。セイビン対ババ。セイビンがスピードで翻弄。ババがパワーで盛り返しディーボンに交代。MCMGがすぐにブラインド・タッチから主導権を取り返す。シェリーが飛び技へ。ディーボンは逃げるとババにタッチ。シェリーは着地すると足を痛めた様子。それを見てババが脚攻め。しかしシェリーもすぐに反撃。ボディ・プレスを避けるとタッチ。MCMGが連続技を叩きこむ。シェリーがディーボンにトペ。続けてセイビンがババにプランチャを狙うもかわされる。ババがセイビンに突進するもかわされ鉄柱に激突。
流血したババを捕まえ攻め立てる。セイビンが雪崩式ハリケーン・ラナを狙う。ババが雪崩式ババ・ボムに切り返す。両者ダウン。先にタッチしたシェリーがディーボンを殴り落とす。なぶるようにババに打撃を打ち込む。ババはもっと打撃を打ってみろ、とアピール。シェリーが打撃を叩きこむ。足を掴まれるも延髄切り。セカンド・ロープから飛ぶ。ババがカウンターでエース・クラッシャー。両者ダウン。両者タッチ。
 ディーボンがセイビンに軽快に技を叩きこんでいく。シェリーがカットにサミング。踏み台になっての連携技。もう1回狙う。ディーボンがシェリーを受け止めセイビンに叩きつける。シェリーが再び入ってきてディーボンをロープに振る。ディーボンがロープを掴まって止まると、ババが背後から入り後頭部にダブル・クローズライン。セイビンの股間にダイビング・ヘッド・バッド。そしてGet the Table。コーナーに立てかけるとセイビンをフル。セイビンはサマーソルトで激突を避ける。ババが突進。しかしかわされテーブルに激突。MCMGがディーボンにダブル・スーパー・キック。カウント2。ネック・ブリーカー+フロッグ・スプラッシュ。しかしカウントは2。合体のその場飛びスライス・ブレッド#2を狙う。ディーボンは逃れるとセイビンのビッグ・ブーツをシェリーに誤爆させ3D。カバーするもカウントは2。3Dは信じられない様子。レフェリーがババをエプロンに下がらせる。ディーボンはタッチすると再び3Dを狙う。セイビンがDDTに切り返しババのエルボー・ドロップもかわす。シェリーがババにスーパー・キック。ネック・ブリーカー+フロッグ・スプラッシュにつなげカウント3。
[Winners:モーター・シティ・マシンガンズ(17:00)]
 試合後お互いをたたえ合いハグ。全員で腕を上げる。

④RVDvs.トミー・ドリーマー
 軽く互角の攻防。ドリーマーがラリアットを決める。RVDが場外に出て間をおく。エプロンに上がり仕掛けるもドリーマーが返り討ちにしてエプロンからフライング・ラリアット。鉄柱にぶつけようとする。RVDは防ぐと柵に干してエプロンからのレッグ・ドロップ。リングに戻すと椅子越しに足を押しつける。椅子越しのレッグ・ドロップを狙う。ドリーマーは自爆させると椅子、ラダーを交えながらゆっくりと支配。RVDはラダーの上に横たわったドリーマーにローリング・サンダーを狙うも自爆。ドリーマーがダイビング・ボディ・プレス。カウント2。DDTを狙う。RVDがノーザンライトに切り返す。ドリーマーはカウント2で返すも手を痛めた様子。RVDが迷いながらもカバー。ドリーマーがカウント1で返し張り手で手を抜くな、と言う。
 RVDが優勢に進めファイブ・スター・フロッグ・スプラッシュを狙うも自爆。ドリーマーがパイル・ドライバーを決めるもカウント2。コーナー上にRVDをのせセカンド・ロープにラダーをのせる。雪崩式技を狙う。RVDはドリーマーの体勢を崩してラダーを踏み外させるとスピン・キック。椅子越しのドロップ・キック。ファイブ・スター・フロッグ・スプラッシュを狙うも自爆。ドリーマーが担ごうとするも逃げられる。RVDが担ごうとするも逃げられる。ドリーマーが椅子へのDDTを狙う。RVDは椅子に叩きつけるとフロッグ・スプラッシュを決めカウント3。
[Winner:RVD(16:00)]

⑤EV2.0(レイヴェン、ライノ、サブー、ブライアン・ケンドリック、スティービー・リチャーズ)vs.フォーチュン(AJスタイルズ、カザリアン、ダグラス・ウィリアムス、ビア・マニーInc)
  ゴングが鳴るなり全員が殴りあう。ケンドリックが脚に予期せぬ攻撃を受けて退場。フォーチュンが細かいタッチ・ワークでリチャーズを孤立させる。リチャーズが何とかタッチ。ライノがストームに勢い良く攻めていく。入ってきたフォーチュンのほかのメンバーも叩きのめして追い出す。ストームにゴアを狙う。ルードが介入で邪魔をする。AJがスプリングボード式クローズラインにつなげる。ライノを孤立させる。ライノがカウンターを決め両者ダウン。交代したサブーがフォーチュンを殴り落とし3段ダイブ。AJがコーナー上にいくも体勢を崩される。サブーが捕まえ投げようとする。AJが突き落としスプリングボード式450度スプラッシュへ。サブーがかわし飛びつきトルネードDDT。カバーするもカットされる。控えが入り次々と技を打ち合う。サブーがAJに雪崩式ハリケーン・ラナを狙う。AJは持ちこたえると下りてスタイルズ・クラッシュ。カウント3。
[Winners:フォーチュン(13:00)]
 試合後フレアーがシーク共々お前のことが嫌いだったといってサブーの追放を喜ぶ。フォーチュンが去った後ドリーマーが現われサブーを称えて送り出す。

⑥ファンがランバージャックを務める:ディアンジェロ・ディネイロvs.アビス
 ランバージャックはポープを支持する客が務める。アビスが優勢に試合を進める。ベア・ハグ。ポープが逃れ打撃を叩き込んでいく。アビスがカナディアン・バック・ブリーカー。カウント2。チョーク・スラムへ。ポープが逃れ蹴り。アッパーカート。場外に出たアビスにランバージャックがむらがる。そこにポープがダイブを決める。ランバージャックがアビスをリングに戻しポープを抱え起こす。ポープがダイビング・ヘッド・バッド。カウント2。パンチを叩き込んでいきロープにもたれさせる。ロープを通り抜け際にヒップ・ドロップ。ランバージャックとハイ・タッチ。そこにビショフが現われお金を示すジェスチャー。いきなりランバージャックがポープに襲いかかる。ポープをリンチしリングに戻す。アビスがブラックホール・スラムを決めカウント3。
[Winner:アビス(12:00)]

⑦ジェフ・ジャレットvs.サモア・ジョー
 JJはジョーの技を受けないよう気をつけるがカウンターでハイ・ニーを食らってしまう。ジョーが支配。フェイス・ウォッシュこそ防がれるが主導権は渡さない。ジョーがチョップを連打。JJが反撃。場外に下りて椅子を取りに行く。しかしレフェリーに止められるとあっさり諦める。ジョーはドロップ・キックを食らうも気合で起き上がるとラリアット。担ぐ。JJが逃れストローク。カウント2。ロープに走りラリアットへ。ジョーがカウンターでエクスプロイダー。コーナー上にのせるとスーパープレックスを狙う。JJが防いでロープを使ってのジョー・ブリーカー。雪崩式ストロークを決める。カバーするもカウント2。再び場外に下りて椅子を手にする。レフェリーが止めて揉めている。そこにジョーがトペ・スイシーダ。レフェリーも巻き込まれる。ジョーはJJをリングに戻すとマッスル・バスターを狙う。邪魔しようと入ってきたセキュリティーにマッスル・バスター。JJが背後から警棒でジョーを殴りつける。警棒を使ってスリーパー。気絶した事を確認すると警棒を片付けてスリーパーを決めなおす。セキュリティーに起こされたレフェリーがチェック。3回腕が落ちる。
[Winner:ジェフ・ジャレット(10:00)]

⑧TNA王座戦:ジェフ・ハーディ(ch)vs.マット・モーガン
 ジェフはこずるく立ち向かうがモーガンは軽く1発でジェフを倒していく。ジェフは場外で間を置く。唾を吐いて挑発。モーガンが怒って場外に下りて行く。ジェフはリングに逃げ追ってきた所にエルボー・ドロップを狙う。読んでいたモーガンは避けるとジェフを場外に引き摺り下ろしエプロンにぶつける。リングに戻しせめて行く。ジェフはかわすと脚攻め。ハーフ・ボストン・クラブ。モーガンが何とかロープを掴む。ジェフがチン・ロック。モーガンは起き上がると殴り倒して行く。ジェフがDDT。カウント2。セカンド・ロープに乗ると飛ぶ。モーガンが首を掴む。チョーク・スラム。カウント2。ぐったりしたジェフを起こす。ジェフはレフェリーに掴みかかり注意を逸らしてから後ろ蹴りでロー・ブロー。
 ツイスト・オブ・フェイトを決めるもカウント2。ロープに走る。モーガンがカウンターでビッグ・ブーツ。カバーする。レフェリーがカウントを数える。ジェフは返していなかったがレフェリーは方をあがったといってカウント2でやめてしまう。モーガンはレフェリーに確認。ジェフを起こそうとする。ジェフが不意をつきツイスト・オブ・フェイト。カバーするもカウント2。コーナーのモーガンに突進。モーガンはかわすと殴りつけていく。コーナー上にのせる。ジェフは振り払うとウィスパー・イン・ザ・ウィンド。ツイスト・オブ・フェイトに繋げてカウント3。
[Winner:ジェフ・ハーディ(13:00)]
 THEYが現われジェフの防衛を称える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

WWEのブログ作りました!
WWEの感想とかほのぼのと書いていくんで
よかったら見てください!

No title

>>RKOさん
 ブログ覗きに行きますね。更新頑張ってください。
プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。