スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raw結果 11/8/10

マイケル・コールとジョシュ・マシューズがアナウンサー。英国からの放送。

◆シナが登場。仰々しくバレットを紹介する。バレットがNexusをつれて登場する。バレットは、地元の英国で王座戴冠の前祝をしたい、しかしその前にやることがあるな、と言ってオタンガを前に呼ぶ。俺の代わりにリーダーを気取るなら勝算を確かめてからにしろ、下がれ、と言う。さあ、次はシナだ、先週の行動は頂けないな、ちゃんとしないと首になるんだぞ、と念を押す。王者となった俺の腕を挙げる練習でもしようか、と言い出す。
 そこにオートンが登場。レフェリーが誰であろうと俺はお前を倒すぜ、と言う。メールが届く。バレットのセレブレーションは中止にする。Survivor Seriesではクリーンに勝者を決めるためサブミッションもしくはピンフォールのみの決着とする。そして今夜はチーム・バレットとチーム・オートンの10マン・タッグを行う。レフェリーはシナが務めるという。シナはオタンガを殴り倒してから退場。

①ディーバズ・カップ・マッチ:ベラ・ツインズ、イブ・トーレスvs.マリース、アリシア・フォックス、タミナ
 サッカーのジャージーを着て行う形式。ベラ・ツインズが入れ替え作戦からフォックスに技を決め勝利。
[Winners:ベラ・ツインズ、イブ・トーレス(3:00)]

・オタンガが先ほど殴られた事に対し怒りをあらわにしている。バレットが入ってくると黙る。バレットはオタンガとシナの試合を組んだ、2人ともベストを尽くせという。

②ハート・ダイナスティvs.ウーソーズ
 ウーソーズがスミスにダイビング・ボディ・プレスをきめ勝利。
[Winners:ウーソーズ(4:00)]

・オタンガが今夜は自分の資質を見せる、と意気込んでいる、リングサイドに一緒に来てくれ、と頼む。他のメンバーは断りはしないが引き受けた、と明言もしない。

③ゴールダストvs.テッド・デビアス
 デビアスの指示を受けたマリースがミリオン・ダラー・ベルトを奪い返すよう指示。ゴールダストがその隙に攻め込む。アクサナがマリースからベルトを奪い取る。ゴールダストが丸め込みで攻めきる。
[Winner:ゴールダスト(3:00)]

④ジョン・シナvs.デイビッド・オタンガ
 Nexusはオタンガと一緒に登場するもバレットの指示で引き上げる。シナが全ての技を叩き込んで完全勝利。
[Winner:ジョン・シナ(4:00)]

・バレットがオタンガに、SDでエッジを倒せ、そうでなければ追放とする、と言う。

◆サンティノ・マレラとウラジミール・コズロフが英国紳士の格好をして登場。色々離しているとシェーマスが登場。ごたごたしてきた所でメールが届き試合に。

⑤サンティノ・マレラvs.シェーマス
 マレラが観客席に逃げると、戻らないと謹慎にする、というメールが届く。戻ってきたマレラはロー・ブローを決めDQ。
[Winner:シェーマス(DQ)]
シェーマスが反撃しハイ・クロスを狙う。モリソンが助け出す。

・シナがWM27のCMを見ている。バレットが与えられた仕事をしろ、さもないとこのWMにも出れなくなるぞ、と釘を刺す。

⑥(レフェリー:シナ):ランディ・オートン、Rトゥルース、ダニエル・ブライアン、マーク・ヘンリー、ザ・ミズvs.ウェイド・バレット、ヒース・スレイター、ジャスティン・ガブリエル、ハスキー・ハリス、マイケル・マクギリキュティー
 途中でオタンガが現われセコンドにつく。オタンガが介入しようとするもシナが阻止。リングではオートンがバレットにバック・ブリーカーを決めている所。ミズがいきなり反旗を翻しオートンにスカル・クラッシング・フィナーレ。バレットがカバーした所でシナが気づいてカウント3。
[Winners:Nexus(15:00)]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。