スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TNA Final Resolution 12/5/10

①#1コテンダーズ・マッチ:ビア・マニーInc vs.インクInc
 ストームがニールを無作法に殴りつける。ニールがヒップ・トス。入ってきたルード含め2人に技を決めリングから追い出す。BMIは一旦場外に逃げる。戻ってきた所をムーアが隙をついて丸めこむ。カウント2。ムーアは軽快に攻めていく。相手の攻撃を誤爆させる。ムーアがニールにヒップ・トスを決めストームの上に落とす。カウント2。ストームはレフェリーの目をそらした所からカウンターを決め、同時にルードとノー・タッチで入れ替わる。ストームを捕まえ連続攻撃を叩きこんでいく。ルードがいたぶっていく。スリーパーを食らったニールがジョー・ブリーカー。先にタッチされるも捕まる前にタッチ成功。ムーアが勢いよく攻めていく。場外での攻防からニールがストームにプランチャ。ムーアがルードにアサイ・ムーンサルト。リングに戻しネック・ブリーカー。カウント2。押され気味のBMIだったが合体技を狙ったコーナー上のムーアを突き落とすとニールのスピアーもかわしてスーパー・キックでフィニッシュ。
[Winners:ビア・マニーInc(11:00)]

・マディソン・レインがインタビューに答え、ミッキーがこの王座に挑戦する事はないと言う。

②フォールズ・カウント・エニウェア:タラvs.ミッキー・ジェームス
  タラが場外から始めようと誘う。タラは反撃しエプロンのミッキーをターン・バックルにぶつけ落とす。ミッキーはリング下に隠れる。見失ったタラの背後からリングに入りドロップ・キックで落とす。柵の外に戦場が移る。ミッキーが振り返しタラを壁にぶつける。首を絞めニー。タラがニーを叩き込み返しゴミ箱にふってぶつける。ミッキーが水をかけ売店にぶつける。タラが物に叩きつけミッキーがボードにケージへの攻撃。タラがパイル・ドライバーを狙う。ミッキーがリバース・スープレックスに切り返しカバー。カウント2。外に出て行く。一進一退で痛めつけあう。BOXの上からミッキーがテーズ・プレス。カウント2。男性用トイレに入っていく。清掃中ボードを叩き付け合う。トイレにいた男たちで慌てて出て行く。ミッキーがタラを便器に押し付けようとする。その時、マディソン・レインが個室から出てきて消火器攻撃。ベルトを叩きつける。タラがカバーしカウント3。
[Winner:タラ(11:00)]
 
・ロビーEのアピール。

③Xディビジョン王座戦:ロビーE(ch)vs.ジェイ・リーサル
  クッキーがケージに入るのをこわがり、ロビーがなだめている。待ちかねたリーサルがロビーに襲いかかり試合開始。コーナーに逆さ吊りにする。クッキーがケージに入るのを拒否し逃げようとする。その時シャーク・ボーイが登場。クッキーを担ぐとケージに入れロックする。ケージが上空に吊り上げられる。リーサルは下がっていなそうとするロビーを攻め立てていく。ロープを跨ぐように落とす。チョップを叩きつける。ロビーがターン・バックルへのドロップ・トー・ホールドから試合を支配する。スリーパーを決める。リーサルは3度目で腕を上げると起き上がりターン・バックルにぶつけて逃れる。殴りチョップを浴びせていく。ハンドスプリング・エルボーにコンプリート・ショット。カウント2。ロープ・ワークから衝突し両者ダウン。クッキーが物をロビーに投げ渡す。レフェリーが身を張って奪い取る。クッキーが再びスプレーを投げロビーに渡す。リーサルが奪い取りスプレー攻撃。ネック・ブリーカーでカバーするもレフェリーがDQとしてゴングを鳴らす。リーサルはDQを取られた事に気づいて頭を抱える。リングでクッキーがベルトを持って自慢している。シャーク・ボーイが戻ってくる。平手打ちをしてきたクッキーにスタナー。
[Winner:ロビーE(9:00)(DQ)]
 シャーク・ボーイが現れクッキーと口論。平手打ちをしてきたクッキーにチャム・バスターを決める。

・ドリーマーが次の試合について語る。

④ファースト・ブロッド・マッチ:RVD vs.ライノ
 RVDがリングに入るなり攻撃。スライディング・キックを狙うも場外に逃げられる。RVDポーズ。ライノがすぐリングに戻りクローズライン。RVDはショルダー・スルーを着地するとローリング・サンだー。マウント・パンチ。エプロン越しに飛んでレッグ・ドロップ。コーナー上へ。ライノが殴りかかる。コーナーに振り突進。RVDはカウンターでショルダー・スルー。エプロンに着地したライノにセカンド・ロープから飛んでサイド・キック。スライディング・キックで落とすと同時にフェンスにのりあげさせるとエプロンからスピニング・レッグ・ドロップ。ライノが場外で打撃を叩きこんでいく。花道でブレーン・バスター。リングに戻る。ライノはムーンサルトで裏に回ったRVDにゴア。場外に出るとゴミ箱を取り出す。叩きつけようとする。かわされるも蹴りを避けベリー・トゥー・ベリー。反撃を防ぎスパイン・バスター。RVDがターン・バックルにぶつけられるのを防ぎケリ。ダイビング・サイド・キック。ファイブ・スター・フロッグ・スプラッシュ。ライノの上に立ちゴミ箱を振りかぶる。ライノが股間にパンチ。DDT。ゴミ箱の蓋へのパイル・ドライバーを狙う。RVDは逆に勢いをつけて逃れると蓋を渡してヴァン・ダミネーター。コーナーに横たわるライノにゴミ箱をのせるとヴァン・ターミネーター。ライノが流血し決着。
[Winner:RVD(12:00)]

・カズがインタビューに対しAJが勝つだろうと言う。

⑤TV王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.ダグラス・ウィリアムス
 AJが挑発するもダグは冷静にレスリング・テクニックで優勢に立つ。AJがサンセット・フリップからスタイルズ・クラッシュを狙うも逃げられる。ダグがバックを取る。AJはなんとか振り切ってダグを場外に落とす。AJが打撃を打ち、ダグが打ち返す。コーナーの攻防からダグがニーでAJを落とす。エプロンからトペ・アトミコ。リングに戻る。劣勢のAJだったがコーナー上のダグを引っ張り場外に落とす。ロープに横にするとラ・ケプラーダ。カウント2。ロープ・ワークからドロップ・キック。カウント2。リングに戻ろうとするダグにドロップ・キックを決めるとダグの脚がロープに引っ掛かる。ここからAJは脚に狙いをつけ始める。4の字。ダグが転がりそのまま場外に両者転落。カウント8で同時にリングに戻る。AJが足を抱える。ダグはニーで逃れ打撃で倒していく。ブレーン・バスターへ。後ろに逃れられるもエクスプロイダ―。構えを取ってバックを取る。バック・エルボーを食らうもバックを取る。AJはもう1発叩きこむと一回転してリバースDDT。カウント2。4の字を狙う。ダグが丸めこみ。カウント2。殴り合いからAJがペイレイ・キック。ダグが場外に転げ落ちる。AJがプランチャへ。ダグはかわすと柵を使ってのカオス・セオリー。ダグがカウント6でリングに戻る。AJがなんとかカウント9でリングに戻る。ダグがスタイルズ・クラッシュを決めカウント3。
[Winner:ダグラス・ウィリアムス(新チャンピオン!)(15:00)]

⑥タッグ王座戦、フル・メタル・メイヘム:モーター・シティ・マシンガンズ(ch)vs.ジェネレーション・ミー
 MCMGが駆け込んできてそのまま場外で乱闘。GMがエプロンに叩きつけたりする。椅子を立てるとシェリーを座らせエプロンに。邪魔しようとしたセイビンにショルダー・ブロックを決めフェイス・バスター。その後シェリーにムーンサルト。場外にテーブルを立てる。セイビンに場外へのブレーン・バスターを狙う。抵抗するので②人でDDT。シェリーに目隠ししてのトペコンを狙う。セイビンが横からニックにラリアット。シェリーがマットを押さえつけセイビンがドロップ・キック。ニックは椅子を取ろうとしたシェリーの手を踏みつけ椅子に叩きつける。椅子をコーナーに設置。シェリーをコーナーに振ろうとする。セイビンが振り返すとシェリーンがニックターン・バックルにぶつける。セイビンがシェリーを踏み台にしての攻撃。今度はシェリーがセイビンを踏み台にして飛びかかる。ニックは椅子を手にするとそれを投げつけカウンター。シェリーに蹴りを叩きこみコーナーの椅子に突っ込ませる。2人でリングにラダーを入れようとする。MCMGがラダー越しにスライディング・キック。目隠しトぺ・スイシーダへ。マットが椅子で迎撃。シェリーの脚に椅子を叩きつける。シェリーがラダーでニックをコーナーに押し込む。そこを駆け上がりマットにスライス・ブレッドを狙う。マットは防ぐとラダーへのパワー・ボム。ニックはラダーを持ってコーナー上からシェリーの上に倒れこむ。ラダーを中央に立てニックが登っていく。マットはシェリーを抑え込んでいる。シェリーがアトミック・ドロップに切り返す。セイビンがシェリーを踏み台にしてニックを引きずり下ろす。マットはセイビンの頭部を脚で挟むとラダーを掴んで登っていく。水平になった所でニックがスプリングボード式ダブル・ドロップ。そのまま場外のシェリーにトペ・スイシーダ。マットはヘッド・シザースでセイビンをラダーにぶつけた様子。マットが登っていく。もう少しで届く所でシェリーが引きずりおろす。再び登ろうとするマットの脚を掴むとラダーへのドラゴン・スクリュー。マットをラダーに挟むとダブル・ストンプ。ニックをそのラダーの上にフェイス・バスター、ブルドッグ。ラダーを中央に立てる。シェリーが2人を抑え込みセイビンがラダーを登る。GMが押し込んでラダーを倒す。セイビンはロープの上に落ちる。セイビンがニックにコーナー・ラダーへのドロップ・キック。マットがシェリーに雪崩式技を狙う。シェリーがマットを逆さ吊りにする。セイビンから受け取った椅子を前に出す。セイビンが椅子越しにドロップ・キック。GMを横にダウンさせるとラダーと椅子をのせる。シェリーがダイビング・ダブル・ストンプ。ラダーを中央に立てシェリーが登っていく。ベルトを掴むも何か問題があったようで一度下りる。2人は場外からラダーを持ってくる。中央のラダーの横に立て登っていく。GMも登っていく。頂上で殴り合い。ニックが落ちるもシェリーを引きずり下ろす。セイビンが殴り落とされる。シェリーがマットを落とす。蹴り合う。マットが脚でシェリーの頭部をはさみ動けなくする。ニックが椅子を手にする。セイビンが奪い取り腹を突く。マットに蹴りを入れる。セイビンがマットを前に抱える。シェリーが椅子を渡してから飛びついてのダブル・ニー・フェイス・バスター。テーブルを持ってくる。3脚のラダーの上にテーブルをのせる。ニックはバックを取り押さえつけようとするシェリーにロー・ブロー。エプロンに出る。シェリーがニックを捕まえ肩車。セイビンが三角飛びクロス・ボディ。MCMGは別のテーブルを持ってくる。ラダーの横にテーブルを立てる。ニックがシェリーの背中に椅子。テーブル上を滑らせセイビンの腹に椅子を当てる。シェリーをテーブルの上にのせ唾を吐く。ニックがラダーを登ろうとする。シェリーがスーパー・キック。エプロンに出ると場外テーブルへのスライス・ブレッド。セイビンとマットが椅子を持ってラダーを登っていく。天辺のテーブルの上に立ちベルトを掴む。椅子でチャンバラ。セイビンが打ち勝ち背中に椅子を叩きつける。ニックは体勢を崩し横のテーブルの上に落下。セイビンがベルトを奪取し勝利。
[Winners:モーター・シティ・マシンガンズ(17:00)]

⑦カスケット・マッチ:アビスvs.ディアンジェロ・ディネイロ
 ポープが殴り蹴りつける。アビスはニーや喉を掴んで凌ぐ。ポープがアビスを場外に引きずりおろし鉄階段に叩きつける。柵に叩きつけニー。棺桶に入れようとするも防がれる。アビスがコーナーのポープに突進。ポープはかわすとスプラッシュにフェイス・バスター。コーナー上へ。アビスが捕まえ閉じた棺桶の上に投げ落とす。リングに戻すとコーナーでクローズライン。棺桶を開けさせ持ち上げる。ポープが逃れドロップ・キック。アビスは吹っ飛ぶもエプロンで踏みとどまりヘッド・バッド。ポープはクローズラインを避けると背中に飛び着きスリーパー。アビスが体勢を変えサイド・スラム。横に抱え棺桶の方へ。エプロンにおろしてしまうも殴りつけ棺桶の中に倒れさせる。閉じようとする。ポープが蹴り開け防ぐ。コーナー上に上るとダイビング・ショルダー・タックル。STO。ダイビング・ブルドッグ。棺桶の中に転がりいれる。アビスは喉を掴むとリングに押し戻す。リングに戻るとクローズラインへ。避けられるもブラックホール・スラム。棺桶の中に転がりいれ締閉めようとする。ポープが腕を挙げ防ぐ。押しあけるとパンチを連打で倒す。ニー・パッドを下し、コーナーのアビスの背中にフライング・ダブル・ニー。アビスを転がし棺桶に入れる。閉じようとする。アビスが棺桶の側面を突き破るとポープのパンツを掴み、引っ張って棺桶にぶつける。リングに戻る。ポープがサミングからクローズラインでエプロンに出す。アビスが棺桶へのヒップ・トスを狙う。エプロンに着地されるも棺桶へのチョーク・スラムを決める。蓋を閉じて勝利。
[Winner:アビス(12:00)]

・ジョーとJJがルールについて話し合っている。JJのセキュリティーがジョーを襲撃。

⑧サブミッション・マッチ:ジェフ・ジャレットvs.サモア・ジョー
 ジョーは試合前の襲撃によるハンデも感じさせず余裕を持って対処。ジャブを連打しコーナーに崩れこませる。JJが足を掴んで倒し鉄柱にぶつける。アンクル・ロック。ジョーが回転して切り蹴り飛ばす。JJが足を掴む。ジョーが回転しアンクル・ロック。JJがロープを掴む。ジョーがサブミッションを決めていく。ロープ・ブレイクから場外に逃げられるも追いかけてスリーパー。リングに戻すと脇固め。JJがタップするも脚がロープの外に出ていたためレフェリーはブレイクを取る。ジョーがコーナーのハイ・ニーへ。避けられるもSTO。マッスル・バスターからスリーパー。セキュリティーが出てくる。ジョーが蹴散らす。JJが足を掴んでアンクル・ロック。ジョーがタップ。
[Winner:ジェフ・ジャレット(9:00)]

・アンダーソンがインタビューを受けジェフ、モーガンについて話している。

⑨TNA王座戦、ノーDQ(レフェリー:ミスター・アンダーソン):ジェフ・ハーディ(ch)vs.マット・モーガン
 モーガンがジェフを逃さず殴りつけコーナーでバック・エルボー連打。ジェフがロープへのジョー・ブリーカーから鉄柱にぶつける。カウンターからウィスパー・イン・ザ・ウィンドへ。モーガンがかわして自爆させクローズライン連発。サイド・スラム。ローリング・ラリアット。カウント2。セカンド・ロープから飛んできたジェフを受け止めスラム。カウント2。起こそうとする。ジェフが不意を突いてツイスト・オブ・ヘイト。カウントは2。ロープに走る。モーガンがバイシクル・キック。カバーするもジェフの脚がロープにかかる。ブレーン・バスターを狙う。ジェフが後ろに着地しツイスト・オブ・ヘイト。カウント2。シャツを脱ぎ棄てるとコーナー上へ。スワントーン・ボムへ。モーガンが両膝を立てて迎撃。両者ダウン。ジェフが場外に出て逃げようとする。アンダーソンはカウント10直前でやめると場外に下りジェフに戻るよう命令。ジェフがアンダーソンの顔を押し飛ばす。アンダーソンは殴りつけて強制的にリングに戻す。モーガンが背後からジェフを丸めこむ。カウント2。担ごうとする。ジェフは後ろに逃れるとツイスト・オブ・ヘイト。アンダーソンはゆっくり位置に着くとスローすぎるカウント。モーガンが返していないのにカウント2とする。ジェフは場外に下りると椅子を手にする。戻そうとしたモーガンの脚に椅子を叩きつける。ツイスト・オブ・ヘイトを狙う。モーガンが押し飛ばすとジェフがアンダーソンとぶつかる。アンダーソンは場外に転落しダウン。モーガンがバイシクル・キックを決めカバー。ビショフがレフェリーを連れ出てくる。アンダーソンを鉄柱にぶつける。しかしレフェリーがカウントを始めると邪魔をする。モーガンはビショフに警告を与える。椅子を置くとそこへのチョーク・スラムを狙う。ジェフがロー・ブロー。椅子へのツイスト・オブ・ヘイトを決めカウント3。ジェフの防衛。
[Winner:ジェフ・ハーディ(13:00)]
 アンダーソンは場外で流血しながらダウンしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。