スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXT 12/7/10

シーズン4初回。
・マイケル・コールではなくグリシャムが実況についている。

◆マット・ストライカーがプロを紹介。Rトゥルースが最初に登場。最もホットなルーキーだぜ、とジョニー・カーティスを呼び込む。続いてデビアスが最もでかくNXTをすぐにでも制圧する男としてブローダス・クレイを紹介。マスターズが少々生意気だがマスターピースに近い男としてバイロン・サックストンを紹介。ジグラーが登場。ブレイザーにシャツなし、ネクタイ付きという姿。俺の言う事を聞いていればヤコブ・ノヴァックも俺みたいに素晴らしいレスラーになるだろうという。ヤコブもブレイザーを着ている。ダニエル・ブライアンが男らしく、雄々しく、男っぷりの良い男としてデリック・ベイトマンを紹介。リカルド・ロドリゲスが現れデル・リオを紹介する。デル・リオがベンツにのって登場。ルーキーはコーナー・オブライエン。
 今回優勝したレスラーには王座への挑戦権が与えられる。まずは30秒で自己PR。カーティスは叫び散らし、自由を求めるなら俺に投票してくれ、と言う。クレイは今回のコンペティションにはレモン・ジュース、レイザー・ブレーズを持ってきたぜと言う。サックストンはハハハと笑ってからこれから強い絆を築いていきたいという。ノヴァックはチェッカーズやチェスをした事があるかい、俺好きなんだよ、このコンペティションも同じように勝利に結びつけて見せるぜ、という。ベイトマンは今日から俺はスーパースターへの道をのぼりつめていくぜ、と言う。オブライエンはネズミに似てるってからかわれ続けてきたが、今日から俺の人生は変わる、と言う。デル・リオが俺のルーキーならもっとしっかりやれ、ダニエル・ブラインみたいに退屈だ、と言う。これに対しブライアンは、王座を持ってないからと言って嫉妬するな、と返す。2人が口論。ストライカーはこれを受けてメインでデル・リオ、オブライエンvs.ブライアン、ベイトマンを組む。

・サックストンのPRビデオ。

①ジョニー・カーティスvs.ヤコブ・ノヴァック
 カーティスがスピニング・ヒール・キック。コーナー上からレッグ・ドロップを決め勝利。
[Winner:ジョニー・カーティス]
 ジグラーは自分のルーキーが負けてがっかりした表情。 

・クレイのビデオ。

◆ルーキー・チャレンジはキャプチャー・ザ・フラッグ。花道を下り、ラダーをリングに入れて立て、登ってフラッグを取る、そしてスタート地点まで戻る、これらの時間で競う。
ジョニー・カーティス:28.6秒
コーナー・オブライエン:28.2秒
ブローダス・クレイ:33.5秒
バイロン・サックストン:56.8秒
ヤコブ・ノヴァック:26.9秒
デリック・ベイトマン:27.3秒
ヤコブ・ノヴァックが優勝。デル・リオは自分のルーキー、ベイトマンを負け犬呼ばわり。

・バック・ステージ。デビアスがブローダスに俺の言う事を聞いていれば必ず優勝できるからな、と話している。

・マスターズとサックストンが体を鍛えていてトレーニングについて話す。

②デリック・ベイトマン、ダニエル・ブライアンvs.アルベルト・デル・リオ、コーナー・オブライエン
 ベイトマンがコーナーに上るもデル・リオが逃れ最後はクロス・アームブリーカーで決着。
[Winner:アルベルト・デル・リオ、コーナー・オブライエン]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。