スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWE TLC 12/19/10

(ラスト2試合も更新)
①IC王座戦、ラダー・マッチ:ドルフ・ジグラー(ch)vs.コフィ・キングストンvs.ジャック・スワガー
 コフィとスワガーが衝突。その隙にジグラーがラダーを立て登る。しかしラダーを倒されロープの上に落下。コフィはラダーを倒してスワガーの手にぶつける。ジグラーが小さいラダーをコーナーに設置。背後から来たコフィをかわしラダーの上に自爆させる。そこからネック・ブリーカー。スワガーはマネージャーに包帯を巻いてもらう。ジグラーにラダーを使ったバック・クラッカー。ラダーを立てる。コフィがスプリングボードで飛び着きラダーの間から蹴り飛ばす。ラダーを登るもスワガーが起き上がったのを見てやめラダーの上に倒す。そこに背後からジグラーがラダーへのフェイマサー。全員ダウン。
 ヴィッキーがリングに上がりラダーを登っていく。コフィが反対側から登っていく。ヴィッキーは恐れず上へと登る。コフィは逆に下りるとラダーを持ちあげ角度をつける。ヴィッキーが叫ぶ。ジグラーがやめるよう懇願。スワガーが起き上がりコフィにラダーを突きたてたためヴィッキーはなんとか助かる。あわてて場外へ逃げていく。
コフィがスワガーの手にラダーを叩きつける。ジグラーがコフィに道連れクローズライン。全員ダウン。
 コフィが最初にリングに入る。スワガーがすぐ後を追いアンクル・ロック。コフィは食らいながらも手を使ってラダーを登っていく。ジグラーがコフィの上からラダーを上りベルトに手を伸ばす。スワガーがアンクル・ロックを外し阻止しにいくも落とされる。コフィとジグラーが上で殴り合う。ジグラーがスリーパーに捕える。コフィがバック・エルボーで振りほどく。両者ベルトに手を伸ばす。力比べ。コフィがヘッド・バッドでジグラーを落としベルトに手を伸ばす。ジグラーが上がってきてベルトに両者手を伸ばす。もつれてベルトを落としてしまう。すかさずジグラーが駆け寄って手にする。防衛。
[Winner:ドルフ・ジグラー]

・Nexusのプロモ。

②テーブル・マッチ:ナタリア、ベス・フェニックスvs.レイクール
 べス、ナタリアがボディ・スラム。絵が描かれた特別製テーブルをコーナーに設置。べスが2人を担ぐ。逃れられるもクローズライン。エプロンのミシェルを殴り落とす。レイクールが蹴りで支配。テーブルをリングに入れ立てる。ナタリアにセカンド・ロープからのスタイルズ・クラッシュを狙う。べスが救い出す。べスがミシェルをボディ・リフト。逃れたミシェルにナタリアがクローズライン。レイラがべスにテーブルへのブレーン・バスターを狙う。べスは耐えると持ち上げる。ナタリアもやってきて2人でボディ・リフト。ミシェルがあわてて入ってきてテーブルをどかし2人に蹴りを入れる。ナタリアがミシェルにシャープ・シューターを狙う。邪魔してきたミシェルもまとめてシャープ・シューター。べスが特別製テーブルをコーナーからマットに立てる。レイクールがナタリアをコーナー上にのせスーパープレックスを狙う。べスがやってきて脚にしがみつく。レイラはべスを鉄柱にぶつけて排除。再びナタリアにスーパープレックスを狙う。べスが抵抗し2人を押し飛ばす。レイクールはテーブルの上に落ちる。そこにナタリアがダイビング・ボディ・プレスを決めテーブルを割る。ナタリア、べスの勝利。
[Winners:ナタリア、ベス・フェニックス]

・ケインのプロモ。

③タッグ王座戦:サンティノ・マレラ、ウラジミール・コズロフ(ch)vs.ヒース・スレイター、ジャスティン・ガブリエル
 サンティノ、コズロフが優位に試合を進める。Nexusはハリスの介入からコズロフを孤立させる。タッチしたマレラが勢いよく攻めコブラの体勢。ハリスがエプロンに上がり気をそらす。その隙に背後からマクギリキュティーがマレラを攻撃。レフェリーがこれに気づいてゴングを鳴らす。反則。Nexusはそのままリンチしていく。バレットが椅子を持って出てきて滅多打ち。
[Winners:サンティノ・マレラ、ウラジミール・コズロフ(DQ)]

④#1コンテンダーズ・ラダー・マッチ:シェーマスvs.ジョン・モリソン
 組んだまま両者場外落下。シェーマスがモリソンをエプロンと実況席の間に橋渡しにしたラダーに振る。モリソンがスライディングでかわす。通ってこいよと誘い蹴りあげる。場外の攻防。両者ラダーを間に挟んで押し合う。モリソンはコーナーに押し込められるも間から蹴りつけ引っ張りラダーにぶつける。コーナー上からラダーを飛び箱にコークスクリュー・アタック。蹴りだすとラダーを立て登っていく。シェーマスが戻ってきてモリソンを逆さ吊りにし殴りつけていく。その状態でラダーを倒し前からマットに叩きつける。これでモリソンは膝を痛めてしまう。
 シェーマスはラダーを登ろうとするもモリソンが食い下がってきたので考えを変え脚攻め。ようやく満足しラダーを登っていく。モリソンがラダーを投げてぶつけ阻止。ラダーを絡めた一進一退の攻防。どちらも契約書に後一歩届かない。シェーマスがモリソンを担いでエプロンと実況席に橋渡しにしたラダーの上に落とそうとする。逃れられるもショルダー・スルーで場外に落とす。モリソンは脚の痛みに耐えながらエプロンに上がり殴り合う。市中断のシェーマスを場外へと投げ捨てようとする。シェーマスが防ぎモリソンを連れラダーを登っていく。頭部をラダーにぶつける。モリソンが殴りつけて押し飛ばすとシェーマスはエプロンと実況席の上のラダーの上に倒れてラダーが折れる。モリソンも転落し場外に落下。モリソンは起き上がるとラダーを登っていく。勝利かと思われたがシェーマス不が這いあがってくるきてラダーを倒そうとする。モリソンはロープの上に脚をのせると戻すと同時にニー・ストライクを叩き込む。契約書を奪取しモリソンの勝利。
[Winner:ジョン・モリソン]

・ミズのインタビュー。

・Nexusが襲われるスキット。

⑤WWE王座戦、テーブル・マッチ:ザ・ミズ(ch)vs.ランディ・オートン
 オートンが一方的に打撃を叩きこんでいく。場外に出て椅子を取りだそうとする。ライリーが邪魔しようとしたので威嚇。ミズをブレーン・バスターで投げる。リングに戻しテーブルを入れようとする。ミズがテーブル越しにスライディング・キック。場外でテーブルを立てる。オートンがアッパーカート。担いで鉄階段を上っていく。ミズが後ろに逃れ脚を払う。
 テーブルに寝かせコーナー上へ。オートンは逃れると。ミズがテーブルを取りだしリングに入れる。ミズがテーブルをコーナーに立てかけ振ろうとする。オートンは防ぐとアングル・スラム。テーブルへのスーパープレックスを狙う。しかしライリーがテーブルをどかしたため決着ならず。
 殴り合い。オートンがクローズラインからパワー・スラム。ロープを使ったDDT。場外に下りてテーブルを持つ。邪魔する素振りを見せたライリーにクローズライン。テーブルをリングに入れると立てる。RKOのアピール。考えを変えパワー・ボムの体勢。入ってきたライリーを威嚇。その隙にミズがスカル・クラッシング・フィナーレを狙う。オートンが払いのけるとレフェリーと激突。入ってきたライリーにRKO。ミズとレフェリーが場外でダウンしているのを見てライリーをまずは葬ろうとテーブルにパワー・ボム。ミズがその隙をつきスカル・クラッシング・フィナーレ。ミズはライリーをどかし代わりにオートンをテーブルの破片の上に移動させる。場外に下りてレフェリーを起こすとレフェリーがゴングを鳴らす。
 ミズは悠々と帰って行こうとする。しかしリプレイを見てレフェリーが続行を宣言。オートンがミズに襲いかかりフェンスにぶつけクローズライン。鉄柱にぶつけリングに戻す。すばやくエプロンに上がる。ミズがライリーを押してオートンにぶつけるとオートンが場外テーブルに落下。ミズの防衛。
[Winner:ザ・ミズ]

・エッジがデル・リオに共闘を持ちかけるも拒否される。

⑥世界ヘビー級王座戦、TLCマッチ:ケイン(ch)vs.エッジvs.レイ・ミステリオvs.アルベルト・デル・リオ
 まずはミステリオがラダーを立て上っていきベルトを掴む。デル・リオがラダーを倒すもミステリオはそれを利用して場外のケイン、エッジにダイブ。ラダーを上っていく。脚を掴んできたデル・リオの肩に乗る。デル・リオがコーナー・ラダーに落とそうとする。ミステリオは着地するとラダーを持ってデル・リオに飛びセントーン。ケインがミステリオをコーナー・ラダーに投げ飛ばす。ラダーを持ったエッジにビッグ・ブーツ。場外のミステリオ、デル・リオにラダーを投げる。エッジにチョーク・スラムを狙う。エッジが逃れDDT。エッジとケインが場外で攻防。ケインはテーブルを手にするも脚が折れてしまう。仕方ないので実況席の上にのせて立てる。ミステリオ、デル・リオの喉元を掴む。エッジが背後から飛びかかり阻止。
 3人でケインを殴りつける。エッジとミステリオが調子に乗ったデル・リオをフェンスにぶつける。エッジとミステリオは共闘する様子。場外テーブルにケインをのせる。エッジがリング内のラダーを上り中盤からケインめがけダイブでテーブル葬。ミステリオがラダーを上っていく。デル・リオが引き摺り下ろし延髄切り。椅子を持って突進。ミステリオはドロップ・トー・ホールドを決め619へ。デル・リオがかわす。エッジがミステリオにスピアー。デル・リオにもスピアー。ラダーを上っていく。ケインが間に合いラダーを倒す。エッジはロープを跨ぐように落下。ミステリオとデル・リオがケインにクローズラインを決めて落とす。ケインが場外で3人を痛めつける。デル・リオがケインに延髄切り。エッジがケインにスピアー。ミステリオが入場口横の吊るされたテーブルにのりステージ下のケインにダイブ。ミステリオがデル・リオ、エッジをロープにもたれさせる。デル・リオに619。エッジにも狙う。エッジは椅子でガード。エッジとデル・リオがラダーを上っていく。ミステリオが横のラダーに上りデル・リオを殴り落とす。両者頭部を掴んでフェイス・バスター。
 ロドリゲスがラダーを上っていく。ケインが捕まえチョーク・スラム。デル・リオにもチョーク・スラム。エプロンに上がってきたエッジには場外テーブルへのチョーク・スラム。ミステリオがケインに619。椅子をたたきつけ落とす。ラダーを立て上っていく。デル・リオが後から追いつき引き摺り下ろす。クロス・アーム・ブリーカー。一度離すももう1度決める。ようやくラダーを上っていく。ベルトを掴むもミステリオが起き上がりラダーを倒す。デル・リオは場外のテーブルに落下。ラダーを上っていく。邪魔してきたケインにラ・ケプラーダを狙う。ケインがキャッチしツームストン。ラダーを上っていく。エッジが背中に椅子をたたきつける。椅子で突く。エプロンに出たケインにスピアー。ケインは場外のテーブルに落下。ラダーを上っていきベルト奪取。エッジが新チャンピオンに!
[Winner:エッジ(新チャンピオン!)]

◆コーディとビッグ・ショーのスキット。

・シナがNexusを襲撃。

⑦チェアー・マッチ:ジョン・シナvs.ウェイド・バレット
 引き気味のバレットにシナが掴みかかり場外へ。バレットが椅子を手にしてにじり寄る。シナが椅子攻撃をかわしていく。そしてシナも椅子を手にする。リングで相対。同時に打ち両者椅子を落とす。すぐにシナが殴りかかる。椅子を立てそこへブルドッグ。椅子を叩きつけようとする。バレットはレフェリーの後ろに隠れ、ひるんだ隙に椅子を奪おうとする。椅子が両者の手からこぼれおちる。バレットがすぐに攻撃。ジャブでダウンさせアピール。場外に転がり出たシナを鉄階段にぶつける。鉄階段に伏せたシナの頭部に椅子を叩きつけようとするも逃げられる。這って距離を取ろうとするシナを追いかけ背中に椅子を叩きつける。鉄階段を花道まで持ってくる。背中に椅子を叩きつける。鉄階段を縦に立てる。入場ステージでパワー・ボムを狙う。シナがリバース・スープレックスに切り返す。キャピラー付き椅子に乗せる。バレットに水をかけて起こしてから花道を滑らせ鉄階段に激突させる。
 バレットが椅子で突き頭部を蹴り飛ばす。首に椅子をはさむと鉄柱にぶつける。リングに戻すとダウンするシナの喉を椅子で圧迫する。シナがなんとか押し飛ばす。椅子を振りかぶったバレットを蹴りつける。フライング・ショルダー・タックル。2発目を狙う。バレットが椅子で迎撃。ロープに絡ませ殴りつける。動けないシナの腹を椅子で突き、背中に椅子を叩きつける。椅子を振りかぶる。シナは蹴りつけるとプロト・ボム。ファイブ・ナックル・シャッフル。AAへ。バレットが逃れ押し飛ばすとブラックホール・スラム。カウント2。コーナーに椅子をセットしぶつけようとする。シナは止まるとドロップ・トー・ホールドからSTFを狙う。バレットが蹴り飛ばすとシナは椅子に激突。バレットがカバーするもカウント2。椅子を持ってセカンド・ロープにのる。椅子付きエルボー・ドロップへ。しかし避けられ誤爆。両者ダウン。
 間に椅子が落ちている。シナが先に手にする。バレットの背中に椅子を叩きつける。椅子を持ってコーナー上へ。起き上がりかけたバレットに椅子付きダイビング・フェイマサー。椅子を吸う客持ってくる。中央に椅子を6脚向かい合うように並べる。バレットを起こすとそこへのAA。カバーしカウント3。シナの勝利。
[Winner:ジョン・シナ]
 バレットが這って逃げていく。シナが追いかけ背中に椅子を叩きつける。ステージ下を這っていく所に再び椅子を叩きつける。バレットはステージ横の椅子が無数に吊るされた部分でダウン。シナはバレットの上に台をのせる。そして一番下の椅子を引っ張ると上の椅子が落ちてくる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。