スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXT 1/4/11

◆ストライカーが、優勝すれば王座に挑戦する事が出来る、その王座はタッグ王座だ、基本的に自分のプロと組んで挑戦してもらう、と言う。今からプロによるバトル・ロイヤルを行い、勝者にはルーキーを他と交換できる権利が与えられるという。

①バトル・ロイヤル
 ジグラーがリングから出る。リングでは残ったマスターズとデビアスがロープ際でせめぎ合っている。ジグラーがこっそりとリングに入ってきて2人を落とす。ジグラーの勝利。
[Winner:ドルフ・ジグラー]
 ジグラーは、ノヴァクを好きになった事なんて一度もない、奴は駄目すぎる、トレードの相手としてバイロン・サックストンを選ぶ、と宣言。それを聞いたノヴァクが動くもストライカーが止め、次はお前とサックストンの試合だ、と言う。 

②ジェイコブ・ノヴァクvs.バイロン・サックストン
 サックストンが蹴りのコンボからブルドッグ。カウント2。ノヴァクがスープレックスを狙う。サックストンがスカル・クラッシング・フィナーレのような技をかけようとする。サックストンが防いでスラムを決め勝利。
[Winner:バイロン・サックストン]

・トゥルースがカーティスに、信頼できる人物はだれかを見極めるために様々な人と働かなければならない、と忠告したりしている。

・ベイトマンがベラ姉妹との三角関係に対して俺が手助けできる事があるよ、申し出る。ブライアンは申し出を受け入れ、来週お前をつれて会いに行こうと答える。

・ジグラーがサックストンの勝利を褒め、タッグ王者になれる素質がある、と言う。ただしヴィッキーには言い寄るなよ、と釘をさすが、サックストンは考えたこともなかったよ、と返す。

◆ルーキー・チャレンジはBattle of the Mic。カーティスが5Pでリードしているがこのチャレンジで勝てば4Pも得られる。まずは1vs.1で話す。カーティスvs.クレイはカーティスの勝利。ベイトマンvs.サックストンはベイトマンの勝利。ノヴァクvs.オブライエンはオブライエンの勝利。カーティスvs.ベイトマンvs.オブライエン。オブライエンの勝利。

③ジョニー・カーティスvs.ブローダス・クレイ
 カーティスがスピニング・ヒール・キックからカバーするもカウント1すら取れない。コーナーに上りダイビング・クローズライン。カウント2。デビアスがカーティスの注意をそらす。その間にクレイが復活しチョーク・スラムで勝利。
[Winner:ブローダス・クレイ]
 ストライカーがクレイにその攻撃性はどこからきているのかと尋ねる。クレイが自らの深い内から怒りを引き出しているのさ、と答え、全員叩きのめしてやる、と意気込む。

◆シーズン4最初の脱落者が発表される。ストライカーがカーティスに誰が脱落すべきか尋ねるとカーティスはクレイの名前を上げる。結局脱落となったのは・・・ジェイコブ・ノヴァク。ノヴァクはもっと自分を知ってもらいたかった、と言う。ジグラーはもういいからさっさと消えろ、と野次を飛ばす。ノヴァクはファンも俺もWWEを愛している、と言う。ストライカーが2週間後また脱落者が決定されるという。ジグラーはノヴァクのプロであるマスターズをからかう。マスターズがジグラーにマスターロックを決める。ジグラーはあわてて逃げていく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。