スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Royal Rumble 1/30/11

(③の詳細まで追記)

◆ヴィッキーが登場。スピアーを使えば反則で王座移動すると改めて説明。スピアー・チャントをしてみなさいよ、と観客を煽る。
①世界ヘビー級王座戦:エッジ(ch)vs.ドルフ・ジグラー
序盤から打撃中心。エッジが先に流れを掴む。バリケードにぶつけリングに戻す。リングに入ろうとしたエッジにジグラーが蹴りをいれネック・ブリーカーを決める。カウント2。サンセット・フリップを防いだエッジはコーナーにスリング・ショット。カウント2。ジグラーは足に蹴りを入れるとネック・ブリーカー。カウント2。首に狙いをつけ攻める。エプロンに出たエッジに突進しバリケードにぶつける。リングに戻しカバー。カウント2。クロス・ボディ相打ち。
 ジグラーがコーナーのエッジにフライング・バック・エルボーを狙うもかわされ自爆。エッジがフラップジャック。ジグラーもすぐに反撃。フェイマサーへ。エッジがライガー・ボムに切り返す。カウント2。コーナー上へ。ジグラーが捕まえスーパープレックスを狙う。エッジがヘッド・バッドで落としダイビング・クロス・ボディへ。ジグラーが体勢を入れ替える。カウントは2。起こそうとする。ジグラーが跳ね除けドロップ・キック。カウント2。ジグザグを狙う。エッジはロープを掴んで耐え自爆させる。ジグラーの両足を掴むとサブミッション。ジグラーが何とかロープを掴む。エプロンにもたれさせクロス・ボディを狙う。ジグラーはかわすとフェイマサー。カウント2。エッジが振り返しビッグ・ブーツ。スピアーの体勢。考え直しジグラーの方へ。ジグラーがスリーパー。エッジは体勢をいかえるとけり付けDDT。カバー。ヴィッキーがレフェリーの足を引っ張りカット。
 エッジがヴィッキーとロープをはさんでにらみ合う。ヴィッキーが張り手。ジグラーが背後から突進。エッジはかわすとロール・アップ。カウント2。ヴィッキーが再びエッジに張り手。ケリーが現れヴィッキーに張り手、テーズ・プレスからマウント・パンチでKO。ジグラーがエッジの背後からジグザグ。カウントは2。ならばとスリーパー。エッジが起き上がり振り払おうとするとレフェリーにぶつかる。エッジがジョー・ブリーカーで逃れる。ヴィッキー、レフェリーがダウンしているのを見るとスピアーの体勢。スピアーが炸裂。エッジはキル・スイッチを決めカバー。カウント3。
[Winner:エッジ(20:00)]

・ミズがインタビューに答えアピール。

②WWE王座戦:ザ・ミズ(ch)vs.ランディ・オートン
 オートンが殴りかかり場外に落とす。フェンスにぶつけクローズライン。リングに戻しても勢いは落ちない。ライリーがレフェリーの目を盗みロープへオートンの後頭部を打ち付ける。しかし主導権を掴むにはいたらず。オートンがコーナーへの攻撃を狙う。ライリーがミズを引っ張りオートンの攻撃を自爆させる。これでミズのペースに。オートンは中々反撃が成功しない。細かい一進一退の攻防からオートンがバック・ドロップ。ミズが先に起き上がりビッグ・ブーツ。コーナー上へ。オートンは捕まえるとスーパープレックス。
 オートンがクローズライン連発からバック・ブリーカー。ロープを使ってのDDTを狙う。ミズが逃れ場外へのショルダー・スルー。ライリーが密かにストンピング。ミズはバリケード、エプロンにオートンをぶつける。リングに戻しカバー。カウント2。場外でスリング・ショットを決めオートンを鉄柱にぶつける。リングに戻る。オートンはカウント8でリングに戻るとテーズ・プレス。クローズライン連発からパワー・スラム。全身ストンピング。パワー・ボムを狙う。エプロンに上がってきたライリーに襲い掛かるも逃げられる。すかさずミズがバック・ブリーカーからのネック・ブリーカー。カウント2。
 突進。オートンがかわしRKOを狙う。ミズがスカル・クラッシング・フィナーレの体勢に。オートンがバック・エルボーをいれアングル・スラム。ミズはカウント2で返すと場外に出る。ベルトを持って逃げようとする。リングの影からオートンがクローズライン。ライリーを威嚇してからリングに戻る。ミズが蹴りをいれDDT。カウント2。オートンがロープを使ったDDT。RKOポーズ。Nexus(パンク以外)が現れる。レフェリーが立ちふさがる。ライリーが密かに入るもオートンは気づいて蹴り。場外のNexusの方へ放り投げる。ミズが背後からスカル・クラッシング・フィナーレを狙う。オートンがカウンターでRKO。パンクがリングに入ってきてオートンにG2S。ミズをかぶせるとリング下に隠れる。レフェリーが戻ってカウントしカウント3。
[Winner:ザ・ミズ(20:00)]

・鼻骨を骨折したコーディがミステリオに謝罪を求める。

◆GMからメール。欠場中のセオドア・ロングに代わりこの試合を管轄する、ついては形式を4ウェイに変更する、と言う。
③ディーバズ王座戦:ナタリア(ch)vs.ミシェル・マクールvs.レイラvs.イブ・トーレス
 レイクール対ナタリア、イブで進む。ナタリア、イブを叩きのめしリングにはレイクール2人。見詰め合う。戦うかと思いきやナタリア、イブが復活し邪魔をする。ナタリアがイブにシャープ・シューターを狙う。カットしてきたレイラも含めシャープ・シューター。ミシェルがハイ・キックでカット。ナタリアがレイラを担ぐ。ミシェルがビッグ・ブーツを狙うもレイラに誤爆。イブはナタリアを場外に落とすとレイラにムーンサルトを決めカウント3。背後ではミシェルがナタリアを丸め込んでおりレフェリーに叫ぶも気づいてもらえず。ミシェルはレフェリーに抗議する。
[Winner:イブ・トーレス(新チャンピオン!)(6:00)]

・ゲイル・キムをつれたダニエル・ブライアンがRRに向けアピールしている。ベラ・ツインズが現れる。こんな男あんたにやるわ、と言うと殴りかかり乱闘。

④ロイヤル・ランブル
 パンクが一番手。Correが登場しリングを取り囲む。パンクに殴りかかる。Nexusも登場し殴りあい。メールが届く。すぐに下がらないと反則で脱落させるぞ、と言う。CorreもNexusも渋々下がる。2番手はブライアン。ブライアンがコーナーで宙返りして裏に回るとネック・ブリーカー・ドロップ。担いで落とそうとする。パンクはロープを掴んで防ぐと場外に放り捨てようとする。ブライアンはエプロンに着地するとミサイル・キック。コーナーのパンクにドロップ・キックを狙うもかわされる。3番手ガブリエル。パンクに450°スプラッシュを狙うもかわされ自爆。ブライアンが場外へのバック・ドロップで落とす。4番手ライダー。ブライアンに打ち上げられるもその先にいたパンクにレッグ・ドロップ。アメドラがライダーを落とす。5番手リーガル。スープレックスを決めていく。パンクは完全にダウン。ブライアンとリーガルのアッパーカート打ち合い。ブライアンとパンクがリーガルにハイ・キックを打っていく。6番手デビアス。ブライアン、リーガルにドロップ・キック。ブライアンがリーガルの胸に蹴りを打ち込んでいく。7番手モリソン。動き回って蹴散らす。エプロンに出てリーガルに殴り飛ばされるもバリケードにしがみつく。呆然としているリーガルをデビアスが背後から落とす。モリソンは鉄階段に飛びつきリングに戻ってくる。
 8番手ヨシ・タツ。9番手ハリス。。10番手チャボ。デビアスに3アミーゴを決めようとする。3発目を邪魔してきたパンクに3アミーゴへ。3発目を邪魔してきたモリソンに3アミーゴへ。3発目を邪魔してきたブライアンに3アミーゴを決める。11番手ヘンリー。ヘンリーは飛び技を狙ったチャボを受け止め場外に落とす。ヨシ・タツも落とす。12番手JTG。13番手マクギリキュティーがJTGを落とす。ハリスと協力してデビアスも落とす。14番手マスターズ。パンクにマスターロック。そのままエプロンに出し殴りつけるも落とすには至らず。15番手オタンガ。Nexusがリングを制圧。パンクがブライアンを落とす。マスターズも落とす。モリソンも粘られるが落とす。ヘンリーも落としNexusのみの状況に。
 16番手レックス。数の差には勝てず落とされる。17番手コズロフも落とされる。Nexusは排除した後はアピールするばかりで軍団内で戦う気はまったくなし。18番手トゥルースも落とされる。19番手カリ。パンクはびびってメンバーの後ろに隠れる。カリがNexusを殴り倒していく。ハリスを落とす。20番手ライアン。カリを落とす。21番手ブッカーT。オタンガにシザース・キック。マクギリキュティーにブック・エンド。スピン・ルーニー。パンクが落とそうとする。ブックが体勢を入れ替えるもパンクは何とかエプロンでこらえる。メイソンがブックを落とす。
 22番手シナ。突進してきたメイソンをかわしすと同時にロープを下げて落とす。オタンガ、マクギリキュティーにダブル・クローズラインを決め落とす。パンクとにらみ合う。パンクがG2Sを狙うもかわされる。同時クローズラインで相打ち。そこに23番手ホーンスワグル。パンクが蹴り倒す。パンクがシナを担いで落とそうとする。シナが逃れ担ぐとAAで場外に落とす。スワグルを起こして待ち受ける。
 24番手キッド。シナとスワグルが協力して攻める。シナがAA。スワグルもAA。25番手スレイター。シナ、スワグルがスレイターに10シャッフル・ナックル。スワグルが続けておたまじゃくしスプラッシュ。シナがスレイターを落とす。26番手コフィ。シナとコフィが正々堂々ロックアップから戦う。27番手スワガー。スワグルに詰め寄る。スワグルの背後からコフィがスプリングボードでクロス・ボディ。スワグルを踏み台にBoom!ドロップ。28番手シェイマス。スワグルがスイート・チン・ミュージック。シェイマスが怒ってスワグルをコーナー上に載せる。シナがシェイマスにバック・ドロップを決めるもスワガーに殴り倒される。シェイマスが起き上がりスワグルを蹴り落とす。29番手ミステリオ。滑り込んだミステリオにスワガーがガット・レンチ・パワー・ボムを狙う。ミステリオがヘッド・シザースに切り返す。619を狙うもシェイマスが横からラリアット。コーナー上にのせるも殴られ下がる。スワガーがミステリオのいるコーナー上に駆け上がる。ミステリオは跳ね除け落とそうとする。エプロンにしがみついたスワガーの背中に619を決め落とす。30番手バレット。コフィを担ぎ場外へのウェストランドを狙う。ミステリオが低空ドロップ・キックで救い出す。31番手ジグラー。32番手ディーゼル。蹴散らしていく。33番手マッキンタイア。シェイマスとマッキンタイアが協力してディーゼルを殴り倒す。ミステリオが振られたロープ先にいたディーゼルに619。34番手ライリー。ミズもついてくる。バレットがディーゼルを蹴り落とす。35番手ビッグ・ショー。退場するナッシュと視線を交わす。ジグラーを落とす。マッキンタイアも落とす。36番手エゼキエル。ビッグ・ショーにタックル。場外に落とす。37番手マレラ。シェイマスにまず殴りかかる。次にエゼキエルに殴りかかるも利いていない。逃げようとした所をシェイマスが蹴り。エゼキエルがシナを落とそうとする。38番手デル・リオ。ミステリオが待ち構えるがシェイマスに蹴り倒される。39番手オートン。まだリングにたどり着いていなかったデル・リオを殴り倒し鉄階段にぶつける。リングにいれ自身もリングに入る。デル・リオにRKO。シェイマス、コフィにもRKO。コフィを落とす。シェイマスもクローズラインで落とす。シナとオートンが向かい合う。組むかと思われた所でステージ火柱が立つ。
 最後はケイン。エゼキエルがケインにボディ・スラムを狙う。ケインは逃れると突進してきたエゼキエルをかわすと同時にロープを下げて落とす。ケインが飛び技にきたミステリオの喉を掴みチョーク・スラムへ。ミステリオが空中でトライアングル・チョークのような形に持っていく。そのままロープ際で回転しケインを落とす。バレットがすかさずエプロンのミステリオを殴り落とす。これでシナ、バレット、オートン、デル・リオの残り4人。オートンがデル・リオを担ぐ。シナがバレットにガット・レンチ・スープレックス。シナとオートンが向かい合う。殴りあい。オートンがRKOを狙う。シナは押し飛ばすとAAを狙う。バレットが蹴り。シナがデル・リオにAA。ライリーがエプロンに上がってくる。シナが殴り落とすもその背後からミズが駆け込みシナを落とす。ミズ、ライリーはすぐに逃げていく。シナは信じられない表情。残り3人。オートンがまずバレットに蹴り。しかしここからバレット、デル・リオが協力してオートンを攻める形に。オートンが反撃しバレットにパワー・スラム。デル・リオにバック・ブリーカー。RKOポーズ。邪魔してきたバレットを落とす。すぐにデル・リオが背後につき落とす。デル・リオが優勝。マレラが入ってくる。コブラのポーズ。デル・リオにコブラを決める。デル・リオを起こすと落とそうとする。デル・リオが体勢を入れ替え落とす。デル・リオが優勝。
[Winner:アルベルト・デル・リオ(70:00)]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ド神キター

No title

詳細お疲れ様です本当に

ケビンとブッカーはこれだけですかね 契約残して欲しいです
特にブッカーは動きがまだ俊敏さを残していたので

No title

 ブックは1分ながら輝いてましたね。次世代のスターの弱い領域なのでブックが活躍する余地はあるかもしれませんね。
プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。