スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXT 3/1/11

◆ストライカーがプロを呼び込む。Rトゥルースはカーティスを紹介し一緒にリングにやってくる。ロドリゲスがクレイを連れて登場。ストライカーが、なぜ自分が次代のスーパースターになるべきなのかアピールしてくれ、と言う。カーティスは、ブローダスはいつも俺にちょっかいを出してきたが、そろそろ決着をつける時だ、奴を叩きのめしてやる、と言う。クレイはマイクを奪うとカーティスの事を"Poor little Johnny!"と呼ぶ。誰が何と言おうと俺がチャンピオンになるのさ、と言う。

①ブローダス・クレイvs.ジョニー・カーティス
 カーティスが低空ドロップ・キック。レッグ・ドロップを狙うべくコーナー上へ。クレイが素早く起き上がりカーティスを投げ落とす。スプラッシュにつなげ勝利。
[Winner:ブローダス・クレイ]

・ベイトマンがブライアンと脱落した事について話している。ブライアンが約束通りベイトマンを殴りつける。サングラスが台無しになったと泣き言をいうベイトマンをしかりつけ、次のリユニオン・タッグ・マッチではお前に勝ってほしいんだ、淑女とアメリカ、そしてクリーブランドのためにな、と檄を飛ばす。

②リユニオン・タッグ・マッチ:デリック・ベイトマン、コーナー・オブライエンvs.ジェイコブ・ノヴァック、バイロン・サックストン
 サックストンは切り返すとジェイコブとタッチしようとする。しかしジェイコブは応じず去っていく。ベイトマンが隙をついて技を決め勝利。
[Winners:デリック・ベイトマン、コーナー・オブライエン]

◆来週からシーズン5が始まる事がアナウンスされる。遂にシーズン4優勝者が発表される。優勝者は・・・ジョニー・カーティス。カーティスは涙を流して喜ぶ。カーティスはクレイと健闘を称え合おうとしクレイも応じる。カーティスは支えてくれた家族やファン、Rトゥルースに感謝の意を示す。クレイは自分が他とは違うから差別されたといい、今夜お前らが俺を傷つけたように、いつか俺がお前らを傷つけてやる、と言う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。