スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXT 3/22/11

◆ストライカーとマリースが登場。ルーキーを呼び出す。Redemptionポイントは現在オニールがリードしている状況。

◆今夜のルーキー・チャレンジはBattle of the Mic。
 まずはノヴァクとサックストン。ノヴァクは、お前はオハイオのようにはなれないよ、お前は地図に記されず誰もお前の事なんて気にしない、と言う。サックストンはノヴァクの事をおむつのスポークスマン呼ばわり。サックストンの勝利。
 オブライエン対オニール。勝利は勝利だ、お前は馬鹿馬鹿だ、と言う。タイタスはオブライエンの鼻はでかいからシャツを着る時ひっかかって困るだろうな、と返す。オニールの勝利。
 ヤング対キャノン。ヤングはマリースは一人身になって俺を見に来る必要だある、と言う。キャノンはオハイオのスポーツチームを馬鹿にする。ヤングの勝利。
 2回戦。サックストン対オニール対ヤング。サックストンは、オニールにKibblesとBitsをあげよう、ヤングにお前は新しいグループでも作ってダレン・ヤングと4人のフラットトップと名付けな、と言う。タイタスはヨシとサックストンの会話を馬鹿にする。ヤングはオニールの事を年寄り呼ばわりし、俺はサックストンよりもルックスが良い、と言う。勝者はヤング。これでヤングがポイント争いのトップに立つ。

①タイタス・オニールvs.ダレン・ヤング
 オニールがヤングをチャボにぶつける。そこからスパイン・バスターを決め勝利。
[Winner:タイタス・オニール]

・ヨシがキャノンにマリースは俺の友人の一人だ、尊敬している、と言う。マリースが現れ先週平手打ちをした事を誤り、再び平手打ち。ヨシはくすくす笑っている。キャノンはああ面白いな、と言ってヨシに平手打ち。

・キャノンのビデオ。

②コーナー・オブライエン、ウラジミール・コズロフvs.ジェイコブ・ノヴァク、JTG
 コズロフらはダンスを披露。相手を蹴り飛ばしカウント3。
[Winner:コーナー・オブライエン、ウラジミール・コズロフ]

③バイロン・サックストンvs.ラッキー・キャノン
 キャノンが変形FUを決めカウント3。試合後ヨシにも同じ技を決める。
[Winner:ラッキー・キャノン]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NXTの最新のがまだ来てませんが・・・。
プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。