スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raw 7/12/10結果

◆シナが登場。後押ししてくれたレスラー達に感謝を述べる。一人漏れ出た病気みたいに白い赤毛の少年を除いてだけどな、と付け加える。シェーマスがNexusの脅威に気付いた時には喜んで協力するつもりだが、その前に来週には自分の手元にWWE王座がない事に気付くのさ。シェーマスは2度王座に輝いたが一度はアクシデントで俺がテーブルに落下したからであり、1度はNexusに攻撃されたからだ。ケージ・マッチでは誰も介入できない。次の月曜にはthe champ will be here!そして今日はハンデ戦が組まれているな。今夜の試合は勝利するために戦うんじゃない、生き残るために戦うんだ、という。
 Nexus登場。バレットは楽に倒してやるから安心しな、という。お前は俺達の大きな青写真に気付いていない。GMに逆らった向きを受けるのだ。コールがEメールを受け取る。いかなりスーパースターもハンデ戦に介入すれば90日間の謹慎処分とする。Nexusがルールを守らず複数人で襲いかかった場合にも同じく謹慎させる事になる、という。バレットは何の問題もないぜという。シナは運が良ければお前らは俺を倒せるかもしれない、しかし少なくとも数人は道連れにしてやると言う。

①アリシア・フォックスvs.ゲイル・キム
 アリシアがカウンターを決めアックス・キックでカウント3。
[Winner:アリシア・フォックス]
試合後、コールがEメールを受け取る。先週は負傷が絡んだものだったので正式に決着をつけるためMITBで再びイブとのタイトル戦を組むという。

②ハート・ダイナスティ、ナタリアvs.ウソーズ、タミナ
 タイソンがスプリングボードを狙うもタミナが邪魔して失敗させる。タイソンが捕まる。反撃してスミスにタッチ。スミスが圧倒しカバー。タミナがカット。ナタリアがタミナにテーズ・プレス。そのすきにタッチしたウソーズが不意をついてスミスに連続技をたたきこみカウント3。
[Winners:ウソーズ、タミナ]

・バック・ステージでバレットとジェリコが遭遇。バレットはジェリコに指導してくれた事を感謝し握手。マシューズがジェリコにインタビューしようとするも無視される。ヨシ・タツがシナは自分の友人だと言う。他のNexusメンバーが現れヨシ・タツをリンチ。

◆テッド・デビアスとマリースが登場。ミリオン・ダラー・カップルだと自分たちを紹介。MITBで勝利しWWE王座も手中に収めるとアピール。
 モリソンが登場。マリースの事を侮辱する。デビアスがモリソンを攻撃。モリソンが反撃しスターシップ・ペインを狙う。マリースがデビアスを場外に引っ張り出して救う。

◆ブラッディー・バンチの時間。ゲストのフローレンス・ヘンダーソンが登場。サンティノと騒ぎ、リーガルにはつまらないから立ち去って、とにべもない。

③エッジvs.ランディ・オートン
 ゆったりとした戦い。CM後エッジがスリーパー。オートンがバック・ドロップを決め両者ダウン。エッジがカウンターでエジキューションを決めカバー。カウント2。スピアーへ。オートンがカウンターで蹴りを入れRKOへ。エッジが押し飛ばしスピアーへ。オートンは飛び越えると丸めこみ。カウント2。オートンがバック・ブリーカーからRKOの態勢。ジェリコが登場。ジェケットをオートンに投げつけて気をそらすと、エッジがエゴマティックを決めカウント3。
[Winner:エッジ]
試合後ジェリコがエッジにコードブレイカー。オートンがジェリコにRKO。ボーンが現れオートンにスピン・キック。エア・ボーンへ。オートンがカウンターでRKO。

・バック・ステージをシェフィールドが歩いている。マシューズがインタビューを申し込むも無視される。シェフィールドとモリソンが出くわす。モリソンが無礼なNexusに襲いかかるも数の差でやられる。

◆ザ・ミズが登場。皆MITBで誰が勝つかを話しているが言葉なんて必要ない。これを見てくれ、と言って先週、ミズがトゥルースを戦闘不能にしたビデオを流す。俺は今人生で一番シリアスだぜ。おしゃべりはもう良い。俺はこの手で立ちふさがるやつをたたきのめしMITBを勝利してみせる、というコールがEメールを受け取る。今からミズはトゥルースの代役と戦う事になるという。

④ザ・ミズvs.マーク・ヘンリー
 ヘンリーはミズの攻撃をものともせず場外に投げ捨てる。ミズは逃げて、追ってきたヘンリーにごみを投げつける。CM。CMが終わるも映像は流れずノー・コンテストになったものと思われる。
[Winner:ノー・コンテスト?]

◆フローレンス・ヘンダーソンが登場。次の試合、8マン・ブラッディー・バンチ・タッグ・マッチを組んだという。

⑤リーガル・バンチ(ウィリアム・リーガル、ザック・ライダー、プリモ、ドインク・ザ・クラウン)vs.サンティノ・バンチ(サンティノ・マレラ、ウラジミール・コズロフ、ゴールダスト、グレート・カリ)
 プリモ、ライダーがカットした所から乱戦に。試合の権利があるのはドインクとカリ。カリはドインクの攻撃をものともせずチョップを打ちおろしてフォールを奪う。
[Winners:サンティノ・バンチ]
 試合後サンティノがヘンダーソンとハグしようとする。フローレンスは押しやるとカリの方へいきキス。

・マシューズがエッジにインタビュー。エッジはこれまでのMITBと同じく俺が勝利してみせる、俺はいかれていて相手を破壊するのが好きなのさ、とアピール。

・ボーンが治療を受けている。シェーマスが現れ俺だったらそんなもので済まなかったぜ、幸運だったな、という。Nexusがシェーマスを取り囲む。シェーマスは何だボーンに用事があるのか、と言ってすたこらさっさと立ち去る。Nexusがボーンを攻撃。シェーマスが現れ良い教訓になったな、という。Nexusが再びシェーマスを取り囲むと、シェーマスは逃げていく。慌ててシナのロッカー・ルームを探し出す。

⑥Nexus(ダレン・ヤング以外の6人)vs.ジョン・シナ
 1対1ではシナが上。Nexusがエプロンに上がり取り囲む。スレイターがシナの背後から入り襲いかかる。ここからNexusを主導権を掴み攻めていく。バレットに交代。シナが反撃しファイブ・シャッフル・ナックル。AAを決める。バレットはそれでも何とかシェフィールドにタッチ。Nexusがそれぞれ交代しながら必殺技を決めていきカウント3。
[Winners:Nexus]
 試合後シナが椅子をたたきつけていく。リングに入る。Nexusはリングから出て取り囲む。エプロンに上がって取り囲む。そこにシェーマスが椅子を持ってリングに現れNexusに襲いかかる。シナとシェーマスが協力してNexusを追い払う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小泉”ダーティ”次郎

Author:小泉”ダーティ”次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。